27日、アーロン・クォックが交際中の中国人モデルと香港で結婚申請を行ったことが明らかになった。

写真拡大

2017年3月27日、歌手で俳優のアーロン・クォック(郭富城)が、交際中の中国人モデルと香港で結婚申請を行ったことが明らかになった。香港01が伝えた。

【その他の写真】

アーロン・クォックは15年末、中国人モデルのファン・ユエン(方媛)と交際関係にあることを明らかに。これまで数々の女性タレントと交際のうわさが流れたが、正式に認めたのはこれが初めて。それだけに当初から結婚を意識した交際とみられ、さらに最近では来月にも入籍するのではないかと話題になっていた。

そのアーロン・クォックが4日、香港で結婚申請を行ったことが明らかになった。ネット上には申請にまつわる通知書のコピーが登場しており、女性欄にはファン・ユエンの名前と、職業は「ファッションデザイナー」と書かれている。年齢は1987年生まれの29歳で、51歳のアーロン・クォックより22歳年下ということが正式に明るみになった。

2人は今後、3カ月以内に手続きを完了させ、遅くとも6月初めまでには正式な夫婦となる見込みだ。なお、27日夜にメディア記者に直撃されたアーロン・クォックだが、結婚申請については無言を貫いている。

ファン・ユエンは上海出身で、アーロン・クォックとの交際が明るみになるまでは全くの無名モデルだった。12年と14年に写真集を出版しているが、2冊目の写真集を宣伝するため香港入りした際、アーロン・クォックと知り合い、交際に発展したとみられている。(翻訳・編集/Mathilda)