折り返しを過ぎたサッカーW杯アジア最終予選。先週のUAE戦で快勝した日本代表だが、ケガ人続出など不安材料も多い。果たして後半戦はいかにして戦うべきなのか? そこで、今夜のタイ戦を中継するFM93・AM1242ニッポン放送から、サッカーパーソナリティの煙山光紀アナウンサーと洗川雄司アナウンサーに、サッカー日本代表とハリルホジッチ監督の戦いぶりについて話を聞いた。


追いつめられないと、チームにも監督にも緊張感が生まれない


─── ここにきて、いよいよ世代交代か、という話題が出てきた日本代表。一部では、ハリルホジッチ監督は海外組を厚遇しすぎ、という声もありましたが。

煙山 いや、実は僕もハリルホジッチとは同意見で、調子のいい国内組よりも、コンディション万全じゃなくても海外組だ、くらいの差はまだあるイメージです。監督は別に、海外組だから国内組だから、では分けていない。証拠として、山口蛍(C大阪)は昨年J2でしたけどずっと使っているわけです。

─── 結果として海外組が多くなっているだけで、昔のジーコ時代のような、海外組固定、海外組偏重、というわけではないと。

煙山 もちろん、「海外でプレーしている方が(代表に)呼ばれるから行け」という考えもよく分かります。環境が違うので、やっぱり行ったら強くなるというのはあるし、Jリーグだと楽にできちゃう部分もありますから。

洗川 あと、厳しい環境に行きながらもさらに出場機会がちゃんと得られているかどうかも、ハリルホジッチ監督は重視してますからね。海外組でも出場機会が減っている選手はそんなに重用しない、という話は、メンバー発表会見の度に言っています。

煙山 当然のことで、今まで「帯に短し」だったのが、やっと海外組でもレギュラークラスとして試合に出続ける選手が出てきたわけです。最終予選開幕時(去年9月)はそれこそ最悪の状態だったと思うんですけど、オーストラリア戦くらいかな? 原口元気(独・ヘルタ)が出てきて大迫勇也(独・ケルン)が出てきて……、他の選手も出場機会がだんだん増えてきた。

洗川 シーズン当初を考えたら、岡崎慎司(英・レスター)も香川真司(独・ドルトムント)もほとんどクラブで出場機会を得られてない最悪のコンディションでのスタートだったんですよね。

煙山 でも、そこから吉田麻也(英・サウサンプトン)も長友佑都(伊・インテルミラノ)も復調してきたし、11月のサウジ戦でようやく揃ってきた感じです。久保裕也(白・ヘント)もそうですよ。その辺は、ハリルホジッチはちゃんと見ているなと思います。

─── 去年の代表ってこう、見ている分にはもどかしいというか、苦しい試合が多かったですよね。それはいい意味での過渡期だった?

煙山 そうですね、過渡期もあると思いますが、僕が報道に違和感を覚えたのは、「そんなに日本、強くないよ」ということ。みんな立ち位置がおかしいんじゃないかなって。昔だったら、タイとかシンガポールのクラブチームなんて弱かったんですけど、今は相当レベルも上がってきているし、代表レベルで見ても、日本も伸びているけども、向こうはもっと急角度で伸びてきています。その差はどんどん縮まっていると思うんです。

洗川 しかも、今の代表はコンディション調整が難しい、という課題もあるわけですからね。

煙山 あと、僕が一番違和感を覚えたのは、去年10月にオーストラリアとアウェーで戦ったときに、引き分け狙いをしたことに批判的な意見が出ていたこと。いやいやいや。引き分けでいいじゃないですか。あの試合は、僕の中ではベストマッチ。非常に現実的な戦いをした中で、しっかり勝ち点1を取れた試合だと思うんです。

─── なぜあの試合を批判するのか?と。

煙山 日本の立ち位置をちょっと上にし過ぎかな、と。まあ、あわよくば勝ち点3が取れた試合だとは思うんです。でも、初戦を落としてもう絶対に負けられない、出場圏外に落ちてしまうようなシチュエーションのアウェー戦で、攻撃的に戦って勝てるような力の差は、今の日本にはないと僕は思っています。あれは非常に現実的な、ハリルホジッチの一番いい試合だったと思うくらいです。

洗川 そして、次のサウジアラビア戦で、前の3枚、岡崎・香川・本田の3人を代えて、原口・大迫・久保で勝負したわけですよね。

煙山 まさか前を全部代えるとは思ってなかったので、たいした采配だなぁと。調子が悪いとは言っても本田圭佑(伊・ACミラン)くらいは残すのかなと思っていたなかで、久保を先発起用したのが結構な驚きでした。加えて、本田と香川を交代枠で出したという。僕みたいな古い考えの人間だと、本田や香川は先に出して、後から若い世代と代えるわけです。でも、ハリルホジッチ監督は最初に若い選手たちを使った。

─── ここが勝負だ、という意思表明にもなったわけですね。

煙山 ただ、逆説的にいうと、その前のオーストラリア戦を日本のファンが叩いた、ということは今後の代表のためには良かったと思います。ああいう追いつめられた感じが出ないと、チームにも監督にも緊張感が生まれないというか。

─── ハリル解任論みたいなのもありました。

煙山 そうそう、解任論あったじゃないですか。あのキャラクターだから、日本人には嫌われるだろうな、というのも想像はできるんです。トルシエ並ですよね。いまだにトルシエのことを悪く言う声って聞こえてくるわけですから。だけど、僕はトルシエ、面白くて好きだったんですよ。あれから15年経った日本人がどう受け取るのかなって見たときに、やっぱり同じなんだなぁというのも、ちょっと考えさせられます。


北京世代とロンドン世代とリオ世代で、もっとバチバチやればいい


煙山 でも、今の代表はいいな、と思います。やっと競争が始まった。ベテランも全然引く必要はないし、本田と久保でポジションを奪い合えばいいし。ここに内田篤人(独・シャルケ04)も戻ってきてくればもっと面白くなるし、北京世代とロンドン世代とリオ世代で、もっとバチバチやればいいと思いますけどね。代表チーム内の競争を激しくやって、あとは所属チームでもしっかりレギュラーを取る。それでいいんじゃないかなと。

─── 競争という意味では、今回の3月シリーズに限らず、代表で期待したい選手というと誰でしょうか?

煙山 僕は鹿島の昌子源ですね。代表のセンターバックは森重真人(FC東京)と吉田麻也がいますけど、そのどっちか食うくらいの存在になって欲しい。昌子みたいなタイプのガツガツ勝負するタイプの選手が入ってくるといいかなって。昌子は去年のクラブW杯でしっかり結果を残せたので、もう一段バーンとジャンプアップしてもらいたいですね。

洗川 僕も昌子と、あと今回は代表に呼ばれていませんが、同じ鹿島の永木亮太。煙山さんが言ったように、代表も次の世代に代わっていかなきゃいけないと思うんです。でも、今までの代表にはレギュラーメンバー以外の層、次はこの人に政権交代するんだ、という存在がずっといなかった。ボランチだって、いつまで長谷部誠(独・フランクフルト)に頼り続けるんだっていうのもあるし。そういう意味では、Jのチャンピオンチームからその代わるべき存在が出てきてくれるといいと思います。日本サッカーのスタイルでやってきた選手が存在感を放てば、代表にもっとオリジナリティが出てくると思うんですけどね。

煙山 あとはやっぱり、久保裕也ですね。このまま、本田圭佑のポジションを奪ってレギュラーになれるかどうか。前線3人が久保、大迫、原口で固まるくらいの勢いで行ってもらってもいいと思います。攻撃は久保。後ろは昌子。あとはベテランでゴールキーパーの川島永嗣(仏・メッス)。フランスの所属クラブでもレギュラーを取ってくれたら心強いんですけどね。W杯予選はまだまだ長丁場ですから、夏場までにどれくらい立ち位置が変わってきているか。

洗川 W杯予選は3月の2試合のあとは、6月13日(対イラク※アウェー)、8月31日(対オーストラリア※ホーム)、9月5日(対サウジアラビア※アウェー)です。

煙山 8月の日本対オーストラリアまでに、本田も含めて、今苦しんでいるベテラン勢が何人か上がってきてくれるとちょうどいい感じだと思います。ベテランの反撃じゃないけど、若手がこのまま順調にずっと行くとは限らない。そう甘くはないはずなんです。アウェーが続きますしね。やっぱり、大変なのはこれからですよ。それにしても、予選でこんなに興奮するのっていつ以来ですかね。フランスW杯予選以来じゃないでしょうか。

洗川 煙山さん、その話はよくされてますよね。

煙山 11月のサウジ戦で勝ったときは、解説の人とバチーンとハイタッチしましたからね。そんな試合、本当に久々でした。「絶対に負けられない」じゃないですが、初戦のUAEに負けたことで、最終予選1試合1試合の重みがまったく変わってきたと思います。

洗川 でも、初戦のUAE戦、ゴール裏でさびしくほとんど呼ばれなかったあの試合と、11月のサウジ戦のゴール裏でマイクを放り投げるくらい楽しく見た試合とでは、ゴール裏から見る風景がまったく違いましたね。



煙山 UAE戦の黒星があってよかったと思えるくらいじゃないと、W杯本戦も期待できないですから。まぁ今は、「W杯養成ギプス」じゃないですけど、あの一発目の負けでパワーリストをしながら戦っているようなもの。その分、一戦一戦の重みが全然違うと思います。予選突破も大事なんですけど、本当の目標はW杯本番で勝つこと。その意味でも、アジアのレベルが上がってきているというのは、決して悪いことではないし、中継する側も力が入ります。もう捨て試合がない。捨て試合というか、これは楽勝だろ、みたいな試合がほとんどなくなってきています。タイだって、あのオーストラリアと引き分けたわけですから、侮っちゃいけませんよ。

◆3月28日(火)19:00〜
FM93・AM1242ニッポン放送サッカースペシャル
「W杯アジア最終予選 日本×タイ」
サッカーコメンテーター・元日本代表FW 鈴木隆行さん
日本代表応援サポーター・GAKU─MCさん

(オグマナオト)