写真提供:マイナビニュース

写真拡大

パナソニックは3月28日、液晶テレビの4K HDR対応モデル「VIERA EX750」を発表した。55V型の「TH-55EX750」、49V型の「TH-49EX750」、43V型の「TH-40EX750」をラインナップし、発売はいずれも4月28日。価格はオープンとなっている。

推定市場価格は以下の通り。

・TH-55EX750(55V型): 300,000円前後
・TH-49EX750(49V型): 260,000円前後
・TH-43EX750(43V型): 220,000円前後

EX750は、2016年の最上位モデル「DX950」相当の高画質をうたう液晶テレビ。

パナソニック独自の映像技術「ヘキサクロマドライブ」の進化により、色の表現がブラッシュアップされており、従来の「DX750」から色域上の補正ポイントが約7倍に増加。また、色再現性が約3倍に向上し、DX950と同等になっている。特に低輝度域の忠実性が上がっている。

コントラストも高く、暗いシーンでの黒つぶれを改善。エンジンによるコントラスト補正は数十倍以上の精度になっており、よりきめ細やかな補正がかけられるようになった。

従来はどのシーンでも各色同じ幅で鮮やかさの補正を行っていたが、シーンごとに適切な補正をかけられるように。これにより、階調を損なうことなく発色の鮮やかさを上げている。

新たなスマート視聴機能「アレコレチャンネル」を採用。放送中のテレビ番組、録画番組、有料動画、無料動画、キーワード検索などをひとつの画面で一覧表示し、各コンテンツをワンクリックで呼び出せる。全自動DIGAとの親和性も上がっており、放送済みの番組も表示する「過去未来番組表」を利用可能だ。

リモコンは音声操作に対応、新たに「マイアプリ」キーを追加し、設定を行うと特定のアプリをワンボタンで起動できるようになる。

地上/BS/110度CSチューナーを3基搭載。放送番組を視聴しながら、2つの裏番組を接続したUSB HDDに録画できる。インターネット動画は、Netflix、DAZN、Amazonビデオ、dTV、ビデオパス、YouTube、アクトビラに対応。端子は、HDMI×4、コンポーネント入力×1、ビデオ入力×1、光デジタル音声出力×1、ヘッドホン/イヤホン×1、有線LAN×1、SDカードスロット×1、USB×3を装備している。