KLabがアクセルゲームスタジオと共同で「幽☆遊☆白書」を題材にしたスマートフォン向け新作ゲームを開発中である事が発表された。新作ゲームでは、幽助、蔵馬、飛影をはじめとしたおなじみのキャラクターが登場。全国のプレイヤーと暗黒武術会で対戦バトルができる。

既に「幽☆遊☆白書」のカードバトルRPG「幽☆遊☆白書-魔界統一最強バトル-」を提供しているKLabから、今回新作として発表されたのは、前作で好評だった「キャラクターバトル」のコンセプトをそのままに、バトルRPGとして生まれ変わったスマートフォン向けアプリゲームだ。

新作では、幽助、蔵馬、飛影、桑原をはじめとしたおなじみのキャラクターがSD化されて登場する。2Dアニメーションの限界に挑戦し、スピーディーなアクションと爽快かつ臨場感あふれるバトルシーンが注目ポイントだ。

さらに、「幽☆遊☆白書」のファンにとっては待望の「5キャラ1チーム」のバトルを再現し、原作通りのチーム編成や、自分だけのドリームチームを組むことができる。

また、全国のプレイヤーと対戦できる「暗黒武術会」を定期的に開催し、自分が育て上げたキャラクター達を駆使して、オンライン対戦することが可能。プレイヤー同士の真剣バトルは白熱する事間違いなしだ。ゲームの開発状況については、引き続き続報が待たれる。