1

2016年初頭から「Apple WatchにLTE通信機能が搭載される」という予想がされていましたが、2016年9月に登場したApple Watch Series 2にSIMカードは搭載されていません。モバイル通信がApple Watchのバッテリーを過剰に消費してしまうことが問題なのですが、Susquehanna International Group(SIG)のアナリストが、次世代Apple Watch(Apple Watch Series 3)にSIMカードが追加され、iPhoneがなくてもApple Watch単体で利用できるようになると予想しています。

Apple: Cellular Watch, iPhone’s ‘USB-C’ Among Among Susquehanna Tidbits - Tech Trader Daily - Barrons.com

http://blogs.barrons.com/techtraderdaily/2017/03/27/apple-cellular-watch-iphones-usb-c-among-among-susquehanna-tidbits/



Analyst Suggests Third-Generation Apple Watch Will Include Cellular Connectivity - Mac Rumors

https://www.macrumors.com/2017/03/27/apple-watch-3-cellular-connectivity/

SIGのアナリストであるクリストファー・ローランド氏によると、「次世代Apple WatchにはSIMカードが追加され、恐らくLTE通信がサポートされるでしょう。小型デバイスにおけるバッテリー容量など、いくつかの問題が残っていることは理解していますが、AppleはVOIPとCAT-M1接続を採用することで、バッテリー寿命を拡張できるでしょう」と話しています。

もしApple Watchにモバイル通信機能が採用されれば、Apple純正の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」と接続することで、Apple Watch単体で通話したり、Apple Musicのコンテンツを再生したりといった、これまでにないApple Watchの活用方法が考えられます。ただし、Apple Watchに対してiPhoneとは別にデータプランが必要になる可能性もあるとのこと。



なお、ローランド氏のレポートには、これまで報じられたうわさと同様に、次世代iPhoneの「ワイヤレス充電」「ホームボタンの廃止」などの項目も含まれています。そのため、Mac RumorsはApple WatchにSIMカードが追加されるという予想についても、「検討の価値アリ」と考えているとのことです。