欅坂46『不協和音(初回限定盤Type-B)』

写真拡大

 3月27日に『KEYABINGO2!』(日本テレビ系)の最終回が放送され、欅坂46と横澤夏子が「センターを掛けた3本勝負」を行なった。

(参考:欅坂46 志田愛佳、渡邉理佐、平手友梨奈の3強はいかに?

 番組の冒頭では、メンバーが「二人セゾン」を披露。その後スタジオに、欅坂46の大ファンである横澤が登場し、欅坂46に対決を申し込むことに。「センターを掛けた3本勝負」と題して、横澤と欅坂46メンバーの番組企画がスタートした。

 1回戦は「卓球対決」で、横澤は地元・新潟県で1位をとった経験者のため、ハンデとして横澤側に2倍の大きさの卓球台を用意。欅坂46チームは1点ずつメンバーを入れ替え、20人で5点を取ったら勝利というルールで対決を行った。試合前、番組のMCを務めるサンドウィッチマンの伊達みきおが「一番自信のある子は?」と質問すると、菅井友香が「卓球台がたまたまあって、そこで志田(愛佳)と渡邉理佐と対決みたいなことをしたことがあって、その時たまたま私が勝てて」と発言。そのコメントに横澤は「どんぐりの背比べで私が強いって言っちゃう?」とツッコみ、笑いを起こした。試合開始から1点目を今泉佑唯が先取し、驚いた伊達が「やったことあるの?」と質問。今泉は「学校の体育では毎回負けていた。初めて勝ちました」と答え、横澤が「体育で負けてた人に私負けたんですか? 悲しすぎるよ」と発言すると笑いが起こった。

 1回戦が15対4で横澤の勝利となり、続いて「バレエ連続ピルエット対決」に。30秒間で誰が1番多く回れるかを競うこの対決には、欅坂46からバレエ歴10〜11年の佐藤詩織、菅井、原田葵が挑戦し、見事勝利を収めた。

 最後の勝負「変顔対決」では、欅坂46から尾関梨香、織田奈那、志田、今泉が選出され、横澤とのにらめっこ対決に挑戦。伊達から「志田は変顔するの?」と問われた志田は笑顔で頷き、伊達は「そんなイメージないんだけど」とコメント。続けて今泉も「変顔大好きです」と答えたり、伊達が「織田は変顔得意?」と話しかけると、織田は「でも私はあんまり顔崩したくない派なので」と首をかしげ、笑いを起こした。

 実際の対決では、尾関、志田が横澤に負けてしまい、今泉との勝負に。「顔にシワを作るのが好き」と答えていた今泉が披露した顔に、スタジオは騒然。メンバーからは「やばいやばい」と声が上がり、伊達からも「今泉、やらないほうがいいぞ」と言われる中、今泉が見事勝利した。横澤は「こんなグチャグチャになります?」と驚き、今泉は「これ放送しますか?」と恥ずかしがっていた。

 ルール上、横澤に1人でも勝てば欅坂46の勝利のはずだったが、横澤がリベンジを懇願し、残る織田との対決に。織田は「お姉ちゃんやお父さんから伝授されているので」と自信満々にコメントすると、伊達が「織田家代々の変顔」と発言。勝負が始まるとすぐに、織田の披露した顔に横澤だけでなくスタジオが中が笑ってしまい、横澤が負けに。伊達が「あんな顔見たことある? 同じメンバーにいるんだよ」とコメントし、欅坂46メンバーも頷きながら笑っていた。

 対決では負けてしまった横澤だが、彼女のリクエストにより番組の最後に、横澤夏子46 feat. 欅坂46による「二人セゾン」をスタジオで披露し、番組が終了した。

(向原康太)