近くにディーラーがない輸入ブランドのクルマを買っても大丈夫?

写真拡大 (全6枚)

輸入車の製品精度が上がりディーラーが少なくてもリスクは減っている

輸入車への関心は強いが、販売店の少なさがネックとなり購入を躊躇している人は多いかもしれない。輸入車のなかでもVWやメルセデスなどのドイツ車の正規ディーラーは全国的に豊富だが、ドイツ車以外のブランドの正規ディーラーとなると、数は極端に少なくなる。

販売台数ではドイツ車に次ぐ規模となるボルボでも全国に123件ほどで、ドイツ車とボルボ以外のブランドでは、県に1店舗もディーラーがないなんてことはザラだ。2016年にはフォードが日本市場から撤退してしまったのも記憶に新しい。

輸入車の販売台数や販売比率は年々増え続けているにもかかわらず、今後もしばらくはドイツ車以外の正規ディーラーが劇的に増加する見込みはなく、大都市以外の地域における輸入車ディーラー不足問題は今後も解消されそうにない。

しかし、正規ディーラーのない地域でも提携工場のネットワークでカバーするなどの対策がとられているブランドもあるし、正規ディーラーがないエリアでは、特定のブランドの整備に精通した整備工場や販売店が根付いていたりするので、案外なんとかなるものだ。

ひと昔前と違って輸入車の機械的信頼性が高くなっていることもあり、新車や高年式車では故障やトラブルで入退院を繰り返すようなリスクは減っているといえる。

また、店舗数が少ないからこそ丁寧なアフターケアを心がけるなど、ディーラー側の対応が良くなっていると実感することが多い。

一般的なメンテなら他社ブランドディーラーでも受け付けてくれる

先日も、筆者の知人がシトロエンディーラーで中古のDS5を購入。埼玉県にはシトロエンディーラーは2店舗しかなく、オーナー氏にとっては自宅からのアクセスの悪い地域にあるディーラーでの購入を余儀なくされたが、ディーラーの対応やアフターサービスへの満足度は高い様子だ。

地域によっては、自宅から100km以上も離れたところにしかディーラーがないという状況もあり、あまりにも遠方だと不便極まるが、一般的なメンテナンスであれば他銘ディーラーでも普通に受け付けてくれるので、過度な心配は無用。

たとえば、日本にもっとも多いトヨタ系列のディーラーでは、輸入車の車検整備などの入庫も積極的に受け付けてくれる法人が多い。専用のテスターが必要な電気系統の厄介なトラブルが出たりしない限りは、おおむねどこの国産ディーラーでも対応してもらえる。

また、日本から撤退してしまったフォードであっても、今のところは心配いらない。昔からアメ車は並行輸入が盛んなので、フォード車に精通した整備工場や販売店は今も少なくないからだ。これから中古車を買うにあたっても、現状でフォード車を販売しているところならフォローしてもらえるはず。

あまりにもマニアックなマイナーブランドの場合は苦労することを覚悟したほうが良いが、ドイツ車以外でも普通に流通しているブランドであれば、自宅の近くにディーラーがなくても過度な心配は無用といえる。