原作者描き下ろしの「ピーチガール」
イラストビジュアル (C)2017「ピーチガール」製作委員会
(C)上田美和/講談社

写真拡大

 山本美月と伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)の主演で、上田美和氏の人気少女コミックを実写映画化する「ピーチガール」のイラストバージョンビジュアルが完成した。登場人物4人がピーチ(桃)を持った映画のポスタービジュアルを、上田氏が原作のキャラクターで再現し、描き下ろした。

 「ピーチガール」は、ギャル風な外見のせいで周囲から誤解されがちな女子高生の安達ももが、あるピンチを救われたことをきっかけに、学校一のモテ男・カイリと距離を縮めていき、かねて好意を寄せていたとーじとの間で揺れ動く様を描いたラブストーリー。ももを山本、カイリを映画初主演の伊野が演じるほか、とーじを横取りしようとする小悪魔な沙絵に永野芽郁、とーじに真剣佑が扮している。

 ビジュアルは、もも、カイリ、沙絵、とーじの4人がピーチを持った映画版のポスタービジュアルを、劇中と同じ制服を身にまとった原作キャラで上田氏が自らイラスト化。外見と内面にギャップを抱えた登場人物たちを表したキャッチコピーも映画版ポスタービジュアルそのままで、映画の世界観をポップで可愛らしく表現した。

 本編を一足早く鑑賞した上田氏は、映画について「よくあれだけの分量の原作をコンパクトにテンポよく楽しめるエンタテインメントに仕上げたなあと」と出来栄えに感心した様子。そして「原作にはないエピソードや設定が『ピーチガール』の世界を壊すことなく逆に盛り上げているのは、製作に関わって下さった方々の作品へのリスペクトと向上心の賜物だと思います。何より素晴らしいのはキャストの皆さんが見事に役にハマっていること。皆さんそれぞれに新境地を開いたんじゃないかと思えるぐらい見応えある演技でした」と絶賛している。5月20日から全国で公開。