「人口を性別・年齢別に見るマップ」

株式会社マピオンは27日、国勢調査などのオープンデータを参照、活用できる無料サイト「マピオン データマップ」を公開した。

 

本サービスは、様々なデータを地図上で可視化して、マーケティングや市場調査の情報収集などに役立つ情報サービス。近年の情報収集には、国勢調査などの「オープンデータ」を活用する動きが大きくなっており、地図や位置情報を組み合わせた「エリアマーケティング」も盛んだ。

 

それに対し、同社は、本サービスに独自開発の情報分析ツール「loghouse」を使用。直感的なグラフィックとシンプルなインターフェースで誰でも簡単に操作できるビジュアル分析ツール「loghouse」の利用により、地図上の濃淡での表示や詳細データの吹き出し表示などでデータをわかりやすく伝える。

 

今回公開されたデータは、「人口分布」「世帯人数×世帯数」「交通手段×利用手段」「起業者分布」「就業時間×就業者数」「人口比率」「世帯人数×世帯数の比率」「交通手段×利用者数の比率」「起業者比率」「就業時間×就業者数の比率」の10種類。

 

同社では、今後取り扱うデータの種類を増やし、マピオン独自調査のオリジナルデータの提供もするとしている。

「マピオン データマップ」

URL:https://www.mapion.co.jp/datamap/

2017/03/28