EXILEのメインボーカリストTAKAHIROが、ジェズ・バターワースの処女作「MOJO」で初舞台に挑むことがわかった。

1990年代にイギリス演劇界で鮮烈のデビューを飾り、今は「007/スペクター」の共同脚本を手掛けるなどハリウッド映画界からも熱い注目を浴びるジェズ・バターワース。彼の処女作にして、イギリス演劇界最高の栄誉とされるオリヴィエ賞最優秀新作コメディー賞に輝いた伝説の舞台「MOJO(モジョ)」が、最強のキャストを擁してついに日本初演となる。

抜群のリズム感に満ちたスピーディーな会話劇で、ダークなこと極まりない若者たちの不安定な心理をあぶり出していく。“イギリス演劇界のクエンティン・タランティーノ”とも称されるバターワースの傑作に更なる新鮮味を加えるのは、演出・上演台本を手掛ける⻘木 豪。

共演には 波岡一喜、木村 了、尾上寛之といった実力派俳優のほか、若手ながらその幅広い演技力で頭角を現している味方良介、横田龍儀らがTAKAHIROの脇を固め「MOJO」の世界観を作り上げる。

21世紀の東京を震撼させる伝説の舞台が今夏、誕生する。

<EXILE TAKAHIRO コメント>
「MOJO(モジョ)」という、イギリスでとても⼈気のある作品の日本初公演に、出演させていただくことになりました。
1950年代ロンドンの場末のナイトクラブを舞台に展開される若者たちの姿が描かれた作品で、僕はベイビーという役を演じさせていただきます。初舞台で経験もなくまだまだ未知数な部分がたくさんあるのですが、未知数だからこそ
たくさん吸収できると思いますし、とにかく⼀⽣懸命喰らいついていきたいと気合いが⼊っています。
さらに⾻太な演劇の中にあるダークな笑いやスリリングな展開など、この作品ならではの魅⼒を表現し、僕オリジナルなベイビーという⼈間を作り上げられるよう、全⼒でぶつかりたいと思います。

◆公演名   「MOJO」
◆公演日程  2017 年6⽉23⽇(金)〜7⽉14⽇(金)
◆劇場       東京・品川プリンスホテル クラブ eX