モデルを始めてから、ヘルシーと言われる食事法をいろいろ試してきて、失敗もたくさんしてきました。ホールフード料理に出会ってからは、ヘルシーな食事をとるという考え方から、添加物を使わない美味しい食事を規則正しくとるという考え方に変わりました。

なので、ソースやジャムなど作れるものはなるべく自分でいちから作っています。フレッシュで、自分好みの味が楽しめて、特にオーガニック食品は高いので、買うよりも安く済むのでオススメです!

例えばピーナッツバターは、100%のピーナッツペーストにハチミツを適量、塩少々を加えるだけ。このような簡単で美味しいソースのレシピを紹介します。

第3回「ホームメイドのソースレシピ」

1. みそピー(数字は分量の対比)

みそ1+ピーナツバター1+煮詰めたみりん2+メープルシロップ1/3(または米飴メープルシロップ)

生春巻きや蒸し野菜におすすめ。

2. フルーティバルサミコ酢

バルサミコ酢3+濃く入れたフルーツティ1+メープルシロップ1

ベリー系のフルーツティがオススメ。

3. チーズ(ヨーグルトの水切り)

モデル飯「チーズ」

コーヒーフィルターなどでナチュラルヨーグルトの水を一晩切るだけ。

4. りんごペースト

蓋つきのお鍋に、2cm角に切ったりんごをと少量の水を入れ(りんご1個に対して大さじ1)、蓋をし、焦げないよう様子を見ながら弱火で煮る。火が通ってりんごがペタペタしてきたら蓋を取り、木べらなどで潰しながら混ぜ、ペースト状になったら完成。

ブレンダーにかけるとさらに滑らかになります。これだけでおやつにもなる!

こちらはお肉に合うソースにもアレンジできます。

5. りんごソース(お肉料理にぴったり)

モデル飯「りんごソース」

お鍋に油(無塩バターでも良い)を敷き、みじん切りにした玉ねぎをじっくり炒め、キツネ色になったらりんごペーストを入れ、塩胡椒少々をして完成。

ついついコンビニのお菓子に手が出てしまう人などは、この食事法でなるべく添加物を避けて、余計なものを溜め込まない身体を実感してもらえたらといいなと思います。

次回はサラダのトッピングにも使える手作りわさび豆の作り方を紹介します。