写真提供:マイナビニュース

写真拡大

SAPジャパンは3月27日、事業戦略の実行計画を支援するクラウドベースのソリューション「SAP Integrated Business Planning」の自動化機能の強化について発表した。

SAP Integrated Business Planningは、販売事業計画、需要の感知と予測、在庫と供給の最適化、例外に基づくレスポンス管理を支援するクラウドベースのソリューション。

今回、新機能として機械学習インテリジェンスが導入されたほか、オムニチャネルによる補充や製品のセグメンテーションをよりきめ細かく行えるようになった。

機械学習については、技術に加え、アプリケーション、関連サービスのポートフォリオであるSAP Cleaを通じて、機械学習をスイートに導入。

「ABC/XYZセグメンテーションを改良したことで、需要感知や統計予測などにより、顧客や製品セグメントに適した計画、コスト、サービスを判断することが可能になった。

また、供給不足の状況での公正分配などの計画アルゴリズムの向上により、計画の自動化が強化さrているほか、設定可能な新しい分析/ダッシュボードアプリ、新しいサプライチェーンネットワークの可視化機能などが提供されている。

(辻)