新幹線など日本の鉄道を利用した中国人旅行客が驚くことの1つに、日本の駅弁の種類の豊富さが挙げられる。日本では各地で有名な駅弁が販売されており、その多くはその土地ならでは特産品がふんだんに盛り込まれた特色ある弁当となっている。(イメージ写真提供:(C)Piti Sirisriro/123RF.COM)

写真拡大

 新幹線など日本の鉄道を利用した中国人旅行客が驚くことの1つに、日本の駅弁の種類の豊富さが挙げられる。日本では各地で有名な駅弁が販売されており、その多くはその土地ならでは特産品がふんだんに盛り込まれた特色ある弁当となっている。

 中国は国土が広いぶん、日本より各地の特産品にも幅があり、特産品を使った駅弁を作れば大いに売れるであろうが、中国の駅弁は非常に簡素で味気なく、それでいて高額であるとして中国人の間でも不評なのが現実だ。そのため、中国高速鉄道を利用する場合でも車内で弁当を購入せずに、持ち込んだインスタントヌードルをすする人がいるほどだ。

 インスタントヌードルを食べることが悪いわけではないが、インスタントヌードルはいつでも食べられるものであり、せっかく鉄道を使って移動するならば、その時しか食べられないものを食べたいと思う人は少なくないだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、豊富な種類の駅弁が存在する日本には、中国でも名高い「和牛」を使った駅弁まで存在すると驚きを示し、日本人が新幹線の車内で和牛に舌鼓を打つなか、「中国人は車内でインスタントヌードルをすすっている」と伝える記事を掲載した。

 記事は、日本人にとって鉄道とは「目的地に移動するための手段」としてだけでなく、あくまでも旅の一部分であり、文化の1つであると指摘。そして鉄道文化を構成する重要な要素の1つこそ駅弁であると論じた。

 一方、日本の駅弁と中国の弁当を同一視しては絶対にいけないと指摘し、そのクオリティや味、種類の豊富さには絶対的な差があることを強調。それでいて、価格は1000円前後と日本の物価水準から見てお買い得であるうえ、日本の駅弁は衛生管理も厳格に行われているため、安心して食べることができると称賛し、日本と中国の鉄道の旅における食事の楽しさにはあまりにも大きな差があることを嘆いた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:(C)Piti Sirisriro/123RF.COM)