画像は【@OnLeaks】のツイッター。iPhoneだけでなく、各種スマホやタブレットの精度高めなリーク情報をマメにアップしてくれる。

写真拡大

今年はiPhone10周年!ということで新型iPhoneへの期待も高まるが、ネット上ではすでにいろいろと情報が錯綜しているようだ。この新型iPhoneのリーク情報は、どこから漏れてくるのか?

『週刊プレイボーイ』本誌で「石川英治のホワイトハッカーなんでも相談室」を連載中のホワイトハッカー・石川英治が解説する!

* * *

毎年、9月近くなると各種メディアでザワザワしだすのが新型iPhoneのウワサ。ネット上ではすでにいろいろと情報が錯綜(さくそう)中な雰囲気がありますけど…。

―では、石川さん。新型iPhoneのリーク情報って、どこから漏れてくるのでしょうか?

石川 アップルから直接漏れることは、まずありません。しかし、アップルが製造を委託している中国の工場や企業から漏れることは多いですね。そこのスタッフが、中国のソーシャルメディアである微博(ウェイボー)や微信(ウェイシン)にアップするケースがよくあるようです。

―中華ソーシャルのチェックが情報入手には手っ取り早いということ?

石川 ただ、フェイクも多いですから、ソースをしっかりチェックすることがポイントになります。

―簡単に情報を入手できるサイトなどありますか?

石川 毎回、精度の高い情報を出しているのがツイッターアカウント【@OnLeaks】ですね。実は、iPhone7のイヤホンジャックの廃止を一番初めにリークしたのも、この人なんですよ。

―【@OnLeaks】は、一体どんな人なんでしょうか?

石川 【@OnLeaks】の正体は、情報ブログ『NOWHEREELSE』の編集者です。ブログには出さなかった情報をツイッター限定で公開していますから、ここをチェックしててソンはありません。

―では、新型iPhoneの情報はどういう状況でしょうか?

石川 ちょうど半年後のリリースなので、チラホラとウワサが出ています。現在、ウワサされている段階だとこんな感じですね。

1.全面ガラスの筐体(きょうたい)

2.ワイヤレス充電機能

3.有機ELディスプレイ

―……なんか微妙。どれもインパクトないっすね!

石川 ワイヤレス充電に関しては、本体を薄くすればするほど放熱性が悪くなり、爆発・出火の確率がアップしますから、見送られる可能性が高いとみています。ただ、今年はiPhone10周年ということもあり、アップルの屋台骨となっているiPhoneには誰にでもわかりやすい強烈な新機能を搭載したいところでしょうね。

―iPhoneの10周年で、何かメモリアル的なモデルの発売とかはどうでしょうか?

石川 アップルは通常販売ではレアなモデルを出しませんから、可能性は低いと思います。創立20周年記念で、特殊なMacを出したぐらいですからね。

―では、石川さんが新型iPhoneに期待することは?

石川 クレジットカードぐらいの薄いのが欲しい(笑)。

―それは無理かと!

石川 まー、本体サイズはそのままでディスプレイの大型化や、通信の高速化は当たり前。とにかく、ジョブズ亡き後でも「アップルは安泰だ!」と思わせてくれるモデルの登場に期待しています!

●石川英治(いしかわ・ひではる)

1969年生まれ。現役の“ホワイトハッカー”で、ネットワーク犯罪評論家。不正アクセス禁止法の施行(2000年2月13日)以前は、バリバリのハッカーとしてやんちゃなことも