恋人の陰に隠れて弾から身を守ったサイテー男(出典:http://gossiponthis.com)

写真拡大

不法薬物所持の疑いがある犯罪常習者の自宅に銃を手に迫った警察官たちがやってきた。「まずい!」と思った容疑者は若い恋人の陰に隠れながら寝室から発砲した。体を盾にされた無実の女性は警察官が放った何発もの弾を浴びて死亡。なんと妊娠中であったという。このほど米フロリダ州で…。

事件が起きたのはフロリダ州インディアンリバー郡で19日午前5時45分ごろのこと。郡保安官および代理は、それぞれに多数の犯罪歴があるギルフォードのアンドリュー・コーヒー3世(37)と息子のアンドリュー4世(23)について逮捕令状を取り、特殊部隊SWATを引き連れてその自宅を急襲。すると息子のアンドリュー4世が自分の寝室の窓から発砲し、それをきっかけに銃撃戦が始まった。保安官代理のケルシー・ゾークさんも被弾して負傷したという。

その銃撃戦で命を落としたのは、アンドリュー4世の恋人で彼の子をお腹に宿して間もないアルテリア・ウッズさん(21)。卑怯なアンドリュー4世は寝室にいたアルテリアさんの体の陰に隠れ、盾にされた彼女が被弾した。司法解剖が進められているが、アルテリアさんは体の複数個所を撃たれた可能性があるという。アンドリュー4世は自分の恋人を盾にした一方で、祖母のビビアン・スコットさん(52)には床に伏せるよう告げたこともわかっている。

発砲した警察官はSWATの隊員3名。広報担当者は発砲の回数を「まだ調査中」としているが、アンドリュー4世は40発ほどと主張しており、ギフォードの町では「殺意が感じられる行き過ぎた発砲」と警察に抗議する声もあがっている。すべての非はアンドリュー4世にあるものの、ダリル・ロアー保安官による記者会見はアルテリアさんに対する謝罪を含んだ苦悩に満ちたものとなった。

「ディラウディッド(Dilaudid)、オキシコドン(oxycodone)、クロナゼパム(clonazepam)、ヒドロコドン(Hydrocodone)などは自分たちのためではなく、医療用に必要な病人のために持っていた」と釈明するもコカインまで所持していたこの親子。裁判所は違法薬物絡みの複数の容疑に問われている父親には102,000ドル、そして妊娠中の恋人を盾にして我が身を守り、公務中の保安官代理を撃った息子には307,000ドルの保釈金を設定した。ただし「10%を支払えば保釈も可能」との条件もついたという。親子は罪状認否手続のため4月26日の出廷を命じられている。

出典:http://gossiponthis.com
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)