写真提供:マイナビニュース

写真拡大

佐川急便は3月27日、大阪駅構内に開設された訪日外国人向けサービスセンター「Travel Service Center OSAKA」に宅配カウンターを設置し、3月24日より業務を開始したことを発表した。

大阪駅「Travel Service Center OSAKA」は、大阪府や大阪観光局、西日本旅客鉄道が、顧客のさまざまなニーズに対応するための受け入れ態勢整備の一環として、観光案内や旅行に関する各種相談対応、外貨両替、チケット販売などのサービスを一体的に提供する施設として開設されたものとなる。

このたび佐川急便は、同店舗にて宅配便の受け付けを開始。外国人対応を想定し英語対応が可能なスタッフが常駐し、通常の宅配便のほか、手荷物の一時預かりや、国際宅配便の受け付け、大阪市内のホテルまでの当日配送、関西空港までの当日配送を行っていく。

(小松原綾)