ATMにスマートフォンのQRコードを読み取らせているところ。(セブン銀行発表資料より)

写真拡大

 セブン銀行とじぶん銀行は、じぶん銀行のスマートフォンアプリ「じぶん銀行」(以下、じぶん銀行アプリ)を用いるだけで、キャッシュカードを用意しなくてもセブン銀行ATMから入出金が行えるサービス、「スマホATM取引サービス」を27日から開始した。同種の、スマートフォンによるATM入出金サービスを全国展開するのは、日本初であるという。

 なお、じぶん銀行はネットバンクであるので、じぶん銀行に口座を持つ利用者は、サービス登録、新たな専用アプリのインストールなどの煩瑣な手間を経ることなく、全てのATMで「スマホATM取引サービス」が利用できる。

 また、今後の展開としては、LINE Payとモビットへのサービス提供が予定されているとのことで、サービスは拡大していく見通し。

 さらに、このサービスの開始を記念して、じぶん銀行による「スマホATMキャンペーン」が開催される。

 ひとつは、スマホATM取引サービス利用者全員に、セブンイレブンの自社ブランド「セブンプレミアム」の商品である「カリカリコーン」の、コンソメ味もしくはチーズ味いずれか片方の無料交換券がプレゼントされる、というもの。このキャンペーンは27日より始まっており、4月30日まで続く。

 もうひとつは、「若者応援キャンペーン」と題し、25歳以下(生年月日が1991年4月1日以降)で、4月以降(4月1日〜7月31日)にじぶん銀行の口座を開設すると、5月以降にスマホATM取引サービスを利用した際、セブンイレブンの商品と引き換えられる無料クーポン券を各月1回ずつもらえる、というものである。具体的には、登録されたメールアドレス宛に、クーポン券のURLが届くという形。

 最後に、簡単にじぶん銀行アプリによる出金手続きの実際について説明しておこう。まず、同アプリを起動する。そして出金金額を入力する。次にATMに表示されるQRコードをスマートフォンで読み取り、スマートフォンに表示された数字をATMに打ち込む。そして最後に、暗証番号を入力するとお金が出てくる、という流れである。