中国が初めて自主開発した大型民間用ヘリコプター「AC313」が24日、江西省景徳鎮呂蒙空港で、大雨条件下でのテスト飛行・堪航能力試験に合格した。

写真拡大

中国が初めて自主開発した大型民間用ヘリコプター「AC313」が24日、江西省景徳鎮呂蒙空港で、大雨条件下でのテスト飛行・堪航能力試験に合格した。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

AC313は国産大型ヘリコプターとしては初の大雨という天候条件下でのテスト飛行に成功し、国産ヘリの雨天テスト飛行という空白を埋めた。これはAC313が複雑な気象条件でも飛行が可能であることを証明した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)