日本は再生医療のシリコンバレーになれる

写真拡大

2014年の薬事法改正で、日本の再生医薬の治験から承認までのスピードは世界一になった。その恩恵を受けるべく、海外の大手企業からベンチャーまでもが日本に進出しているという。

その流れに乗って、再生細胞薬で脳梗塞や認知症の治療を目指しているのが、「サンバイオ」(http://www.sanbio.jp/)の森敬太社長だ。1967年札幌生まれ、ドイツ育ち。東京大学農学部で遺伝子や、タンパク、微生物や土壌などを研究していた。キリンビールに入社するが、MBAを取得して退社。同窓生の川西徹氏と2人で、アメリカでサンバイオを創業した。なぜ再生治療に着目したのか? 森氏と田原総一朗氏の対談、完全版を掲載します。

■東大農学部でバイオを研究

【田原】森さんは東大農学部の農芸化学科を出られた。農芸化学科はどんなことをやるところですか。

【森】バイオです。私の前の世代は農学部というと農業の研究になりますが、私たちのころはバイオが脚光を集めていて、農学部も遺伝子工学ができるということで人気がありました。

【田原】遺伝子ですか。そういうのは医学部でやるのかと思っていました。

【森】もちろん医学部でもやっています。ただ、農学部とは方向性が違います。医学部の人に怒られてしまうかもしれませんが、医学部の遺伝子研究は患者ありきで、やはり医療なんです。それに対して農学部はサイエンス。遺伝子に絡む発見や発明に興味があるなら、農学部や理学部のほうが向いていると思います。

【田原】卒業後はキリンビールにお入りになる。ビール会社を選んだのは意外な気がしますね。

【森】当時、キリンビールは多角化経営を進めていて、ビールだけでなく、乳製品などの食品事業やレストラン事業を展開したり、さらに医薬の分野にも進出していました。一方、私は何か新しいことを始めて社会にインパクトを与えたいという思いがあった。キリンビールなら自分も何か一つ大きな事業ができるのではないかと考えて選びました。

【田原】その後、アメリカに留学されますね。これはどうして?

【森】キリンビールで新しい事業をやりたかったのですが、そのための知識がありませんでした。それで会社にMBAに行かせてほしいとお願いしてカリフォルニア大学バークレー校に留学しました。バークレーでは、アントレプレナーシップについて学びました。たとえば新しい事業のビジネスプランを書いたり、実際にベンチャー企業に入ってプロジェクトを経験したり。充実した2年間でした。

■キリンを退社、アメリカへ

【田原】森さんはアメリカで起業します。起業したのはこのとき?

【森】いえ、MBA修了後はキリンビールに戻って数年働きました。その後、32歳で退社してまたアメリカに戻るという流れです。

【田原】何で退職したんですか。

【森】私の考えが甘かったですね。キリンビールで新しい事業ができると思っていましたが、実際は世の中そのようには回っていなかった。それに気づいて、じゃ自分でやろうと。退社後は、インフォマティクスのベンチャー企業を友人がサンフランシスコで経営していたので、絶好のチャンスだと思って参画させてもらいました。

【田原】アメリカでは、サンバイオを一緒に立ち上げた川西徹さんと出会いますね。

【森】出会うというか、再会ですね。川西は大学の同窓。当時から友達で、卒業後も定期的に飲む仲でした。彼はボストンコンサルティンググループで働いた後、独立してケアネットという医療情報の会社を立ち上げた。その後に渡米して私と再会して、頻繁に会ううちに何か一緒にやろうという話になりました。

■大学の同窓生とアメリカで起業

【田原】意気投合したお2人はサンバイオを立ち上げた。サンバイオはどういう意味ですか。太陽のサン?

【森】いえ、「田原サン」というときのサンで、英語でいえばミスターやミセスです。バイオのナンバーワンを目指そうという思いで名づけました。

【田原】バイオの中でも、目をつけたのは再生医療でした。どうしてですか。

【森】当時、アメリカではゲノムが盛り上がっていました。ただ、すでに大きな会社が誕生していて、いまからベンチャーが参入しても周回遅れで負けてしまう。もっと最先端のことをやろうと考えていろいろ精査した結果、再生医療なら自分たちにチャンスがあって、なおかつ世の中に貢献できるだろうと判断しました。

【田原】京大の山中伸弥さんがiPS細胞でノーベル賞を獲ったのが2012年です。そこから日本でも再生医療が注目を集めるようになりましたが、サンバイオはもっと前だ。

【森】創業は2001年で、iPS細胞より約10年前です。ただ、世間の認知度は別にして、当時から再生医療の可能性は注目されていました。日本政府も国の研究予算を再生医療にかなり入れていました。そうした下地があったので、のちに山中先生をはじめさまざまな技術が生まれてきた。日本政府は先見の明があったと思います。

【田原】事業化する再生医療技術はどうやって見つけたのですか。

【森】自分たちが投資すべき技術については、3つの条件がありました。1つ目は先ほど言ったように、最先端であること。2つ目は、研究を進めている先生がアメリカでの製品化に賛同してくれること。そして3つ目が特許を取得していること。これらの条件を満たす研究者を探して、片っ端から会いに行きました。

【田原】アメリカで製品化するのはなぜですか。

【森】当時、日本は再生医療の研究が盛んでしたが、患者さんに投与する臨床試験ができる環境が整っていませんでした。薬の試験は副作用などの安全の問題があり、さまざまなことを調べて当局を納得させたうえでないと行えません。日本は当局が安全サイドに振っているので簡単に治験を行えませんが、アメリカは歴史的に見て、わりと簡単にOKを出してくれる。ですから、日本のすばらしい技術をアメリカで試験して製品化すれば、新しい治療をいち早く世界に届けられると考えました。

【田原】もう一つ、特許というのは?

【森】いまはかなり変わりましたが、当時、日本の先生たちは学者肌で、論文は出すけど特許を取らない方が少なくなかった。ただ、せっかくの大発見も特許を取っていないと守れないし、守れないと事業を継続できません。現実的な視点ですが、これは譲れない条件でした。

【田原】それらの条件を満たす技術に出合うまでに、何人会いました?

【森】最先端の研究をされている先生に、日本だけでも30〜40人は会いました。アメリカを入れると50人かな。

■神経幹細胞を脳に移植し、脳神経を再生する

【田原】その結果、慶應義塾大学医学部の岡野栄之先生にお会いになる。岡野さんはどのような研究を?

【森】人間の脳の中には、いろいろな神経の種である神経幹細胞があります。岡野先生は、神経幹細胞を世界で初めて単離、つまり見つけて増やすことに成功した先生です。当時は、神経幹細胞を脳に移植をして、脳神経を再生する研究をやっていらっしゃった。私たちがうかがったときは、サルでの実験を見せていただきました。映画『スーパーマン』に主演していた俳優が落馬して脊髄損傷になって動けなくなったことがありますよね。その病気を動物モデルに移植して、さらに神経幹細胞を移植したところ、動けなかったサルがもう一度動けるようになった。そのビデオを見て、自分たちが探していたのはこれだと。

【田原】その技術で、どういう薬ができるのですか。

【森】脳の中に神経幹細胞を移植することで、パーキンソン病を治したり、あるいは脳梗塞の患者さんがもう一度歩けたり話せるようになる可能性があります。ただ、治療ができるだけでは足りません。私たちがこだわっていたのは、大量生産してたくさんの患者を助けること。神経幹細胞は種の細胞なので、増やすことが可能です。もちろん簡単には増やせませんが、岡野先生の技術で開発する薬は量産化が可能という点が魅力でした。

【田原】そんなにすごい技術なのに、岡野先生はよく森さんたちの話に乗りましたね。

【森】先生の技術は最先端だけど、このまま日本でやるだけでは製品化が難しい、早く患者に届けるならアメリカでやるべきだと説きました。当時私たちは素人でしたが、何としても薬にしたいという真剣さが伝わったのか、岡野先生も私たちに懸けてくださったようです。

■5年で製品化できると思っていた

【田原】事業をやるなら資金調達が必要です。とくに医薬は開発に時間がかかるから、その間の運転資金が要りますね。森さんは開発までどれくらい時間がかかると踏んでいたのですか。

【森】製品化そのものは時間がかかっても、3〜5年で目処が立つと考えていました。それは甘い考えだと後で思い知りますが、まずは開発を3〜5年続けられる資金を集めることにしました。ただ、簡単には集まりませんでした。クレイジーといわれる事業ほど集めるのは難しいと覚悟していたのですが、想像以上に厳しくて。資金調達に1年以上かかりました。最初に調達できたのは約3億円。この額でも1年半〜2年で消えてしまうので、まだ足りない状況でした。

【田原】資金を集めたのはアメリカですか。それとも日本?

【森】チームはアメリカですが、資金調達は日本です。さまざまなベンチャーキャピタルに出向いて、足で稼いだというところです。

【田原】森さんたちは何も実績がなかった。どうやって資金を引き出したのですか。

【森】この業界で信用されている方と組めたことが大きかったです。

【田原】たとえば?

【森】元NIH(アメリカ国立衛生研究所)所長のジョージ・R・マーティンさんは大恩人の一人です。彼は「Mention my name、俺の名前を言えばわかるように話をつけておくよ」といって、さまざまな人を紹介してくれました。たとえば再生医療の先駆者で、私たちより約20年早く当局から許可を取って臨床実験をしていたゲイリー・スネーブルさんも、マーティンさんの紹介でした。スネーブルさんは「1にプロダクション、2にプロダクション、3にプロダクション」が口癖。再生医療はそのくらい製造が難しくて重要だということを教えてもらいました。

【田原】ほかには?

【森】再生医療で量産化に成功した製品がアメリカで承認されたケースが一例だけあるのですが、それをやったダミアン・ベイツさんとか、シリコンバレーの顔的な弁護士であるマリオ・ロザッティさんと出会えたことも大きかった。こうした大物たちの協力があって何とか資金調達できました。

【田原】過去のインタビューを拝見すると、川西さんと2人だから苦しい時期でも頑張れたとおっしゃっている。これはどういうことですか。

【森】私たちは営業と技術というような役割分担をしていなくて、ぜんぶ2人で決めています。壁にぶち当たることは多々ありますが、その都度お互いに納得するまで話し合うので、前に進めるのです。さらにいうと、これは2人だけの問題でもありません。大きな事業は、たくさんの人の協力が必要不可欠です。協力してくださる方々と話し合って一つの方向に向かって進んでいくことが、事業の醍醐味だと思っています。

■骨髄の細胞から神経を再生する技術へ切り替える

【田原】開発をスタートして1年後に大きな転換があったそうですね。説明してもらえますか。

【森】創業研究者である岡野先生の技術から、別の先生の技術に切り替えました。

【田原】岡野さんの技術に問題があったのですか。

【森】いや、技術的にはすばらしいです。ただ、神経幹細胞は脳の細胞。人の頭を開けて採取するわけにはいかないので、その点をクリアするのが大変でした。一方、世界では比較的とりやすい骨髄の細胞から神経を再生する研究が始まっていました。ある日、その研究を世界に先駆けて完成させた先生がいると岡野先生から連絡をいただいて、技術の転換をしました。

【田原】そうですか。意地悪なことを聞きますが、岡野さんにお世話になっていたのに、その技術を見捨てるのは悪いと思わなかった?

【森】正直、すごく思い悩みました。でも、より良いものを選ぶことが患者さんのためになります。岡野先生も同じように考えていたようで、真っ先に先生を紹介してくれて、切り替えたいという話にも快く応じてくださいました。本当に感謝しています。

【田原】切り替えた技術はすごいのですか。

【森】アメリカから主要メンバーやゲイリー・スネーブル先生などの大御所アドバイザーを集めて先生のところにうかがったのですが、データを見せていただいたときは衝撃を受けました。ほかのメンバーも同じだったようで、ミーティング中に「敬太、これを逃しちゃいけない」と肘でつつかれたことを覚えています。

■麻痺していた人が再び話せるようになる

【田原】改めて教えてください。その技術で神経細胞を再生すると、なぜ麻痺していた人がふたたび手を動かしたり話せるようになるのですか。

【森】たとえば脳梗塞になっても、わずかながら分裂して増える細胞は残っています。それを発見したのが岡野先生ですが、その細胞はあまりにも数が少なく、普段はくすぶっている状態です。そこに当社の細胞を入れると、たんぱく質などを出して、わずかに残っている細胞に働きかけます。その結果、組織神経が再生されて腕が上がったり、話せるようになるというメカニズムです。ほかにも死にかかっている細胞を元気にしたり、血管がなくなっているところに血管をもう一度呼び込むことも可能です。わずかながらでも患者さんが持っている再生機能を最大限に引き出すイメージです。

【田原】サンバイオの技術は、自分の細胞ではなくて他人の細胞を使って薬をつくるそうですね。どうしてですか。

【森】理由は2つです。まず自分の細胞からつくると時間がかかります。細胞を入れるのが救急車で運ばれてきてから何カ月後という話になれば、間に合わない可能性もあります。あらかじめ他人の細胞からつくって薬として用意しておけば、間に合わないリスクは減らせます。もう1つは、ビジネスの問題。自分の細胞からつくるとお金が高くつくので、利用できる患者さんが限られてしまいます。そうなると、私たちはビジネスになりません。

【田原】再生医療には、ほかにもiPS細胞などさまざまな技術があります。森さんたちが選んだ技術は、ほかのものと比べてどんな強みがあるのですか。

【森】いまお話ししたように、多くの患者さんに使っていただくには量産化が欠かせません。この技術はすでに量産化に成功して、iPS細胞などのほかの細胞と比べるとラボレベルで10年以上は先行しています。この点が最大の強みです。

■日本は再生医療のシリコンバレーになれる

【田原】サンバイオは2013年に日本に拠点をつくった。アメリカはもう畳んだのですか。

【森】いえ、両方で製品化を進めています。いま社員は40人で、アメリカと日本で2対1くらい。私は時間的に半々で、両拠点を行き来しています。

【田原】もともとアメリカで製品化を目指したのは治験が短期間で済むからでした。どうして日本にも拠点をつくったのですか。

【森】日本の薬事法が改正されて、早期承認制度ができたのです。従来は承認までフェーズ1、2、3で約10年かかっていました。新制度ではフェーズ1、あるいは2の前半での承認も可能で、うまくいけば2〜3年で承認まで漕ぎつけられます。これは50年、いや100年に一度の画期的な改正です。再生医療に関しては、いまや日本が一番早く承認を取れる国になったといってもいい。

【田原】厚労省は思い切りましたね。

【森】はい。これで日本は再生医療のシリコンバレーになると思います。すでに世界中からさまざまな研究者や技術が集まり始めています。日本から新しい再生医療が誕生して、世界に発信していく日は遠くないはずです。

【田原】そうですか。世界の製薬会社も日本でやる日が来る?

【森】すでにジョンソン&ジョンソンは日本でやっていますし、ベンチャー企業もたくさん来ています。狭い業界なので、私のところにアメリカやイギリスの会社から問い合わせがきています。公開されていない水面下の話が多いので正確にはわかりませんが、いま日本で承認を得ようと頑張っている企業の半分は海外企業という印象です。

■再生医療はもう夢の話ではない

【田原】サンバイオが臨床試験を進めている脳梗塞の薬が「SB623」ですね。いつから試験をしていますか。

【森】SB623は開発のコード名で、11年からアメリカで臨床試験を始めました。14年に結果を論文にまとめたら話題になって、CBSニュースで特集を組まれました。

【田原】順調そうですね。実際に発売できるのはいつごろでしょう?

【森】再生医療は夢の話だと考えている方は多いですが、製品化に向けて現実的なところまできています。私たちは大日本住友製薬と帝人の2社と提携しました。製品化されたら彼らが販売をしてくれます。具体的なスケジュールは差支えあるのでお話しできませんが、そういった話が進んでいるくらいに現実感があると考えてください。

【田原】まだしばらく売り上げはないですね。資金は大丈夫ですか。

【森】大手企業との提携という形で売上があります。また、15年にマザーズに上場して約70億円の資金調達ができました。資金的には安定していて、恵まれた環境にいます。

【田原】脳梗塞の薬が完成したら、次は何ですか。

【森】交通事故などで起こる外傷性脳損傷については、すでに日本で臨床試験を始めています。それからパーキンソン病や脊髄損傷、認知症、アルツハイマーなど、脳や神経の病気を積極的にやっていきます。さらに脳にかぎらず、ほかの器官でも再生医療を広げて、その分野のリーダーになりたいです。

【田原】いまは日本とアメリカでやってらっしゃいますが、将来はほかの地域でも製品化しますか。

【森】ヨーロッパや中国、アジアは考えています。脳梗塞だけで世界で何千万人という患者さんがいて、認知症になるとさらに桁が一つ増えます。脳や神経の病気で苦しむ人が一人でも多くよくなるように頑張っていきます。

■森さんから田原さんへの質問

Q. 日本がグローバルで勝つためには何が必要ですか。

いま注目の人工知能で勝ちそうな企業はどこでしょうか。Google、Apple、Amazon……。聞こえてくるのはアメリカ企業ばかりで、日本企業の名前はまずあがりませんね。

日本が人工知能で後れを取っているのは、基礎研究が弱いからです。実際、大学のランキングは悲惨です。イギリスの教育専門誌の2016-2017年ランキングで、東大39位、京大91位。200位以内に入ったのは、わずか2校だけです。これでは最先端分野で戦えません。

世界で勝ちたければ、大学から改革しないダメでしょう。幸い、再生医療のように基礎研究がしっかり行われている分野なら日本も勝てる可能性があります。森さんには、そのことを証明してもらいたいですね。

田原総一朗の遺言:基礎研究に力を入れろ!

----------

編集部より:
次回「田原総一朗・次代への遺言」は、和える 代表取締役・矢島里佳氏のインタビューを掲載します。一足先に読みたい方は、3月27日発売の『PRESIDENT4.17号』をごらんください。PRESIDENTは全国の書店、コンビニなどで購入できます。
 

----------

(村上 敬=構成 宇佐美雅浩=撮影)