東京・赤坂に開設された「HondaイノベーションラボTokyo」。さらに「R&DセンターX」が新たに加わる。

写真拡大

■開発テーマはロボティクスとAI

東京・赤坂の一等地にある「赤坂Bizタワー」、目の前には地下鉄の赤坂駅がある。そのビルの27階にホンダが4月、「R&DセンターX」を開設する。

そこから東京の景色が一望でき、中は仕切りがほとんどなく、会議室も透明なガラスで囲われている。床は執務机の周りがモノトーン、通路やフリースペースが青と緑に配色されている。窓際にはカウンター式のテーブルやファミリーレストランのようなボックスシート、カラフルな椅子が置いてある。そして、本棚に並んでいる本は研究開発のテーマとは直接関係のない内容のものばかりだ。

ホンダは昨年9月、ここに「HondaイノベーションラボTokyo」をオープンしたが、そこにR&DセンターXが新たに加わることになったのだ。

「人工知能(AI)をはじめとするデジタルテクノロジーという新たな風の出現に伴って、研究所全体でこれらに対応する体制の見直しを行い、新しいR&Dセンターを設け、新たな領域に挑戦することにした」と本田技術研究所の松本宜之社長は新組織発足の背景を語り、こう付け加えた。

「ホンダの得意とするモノづくりにデジタル技術を加え、ハードウェアだけでなく、体験、経験といったソフト的な価値を備えた“モノ・コトづくり”を推進していきたい。この新たなフィールドでの価値創造を図るために、既存の組織とは切り離した新しいR&DセンターXを立ち上げることにした」

ここでは当面、ロボティクスとその基盤となるAIを中心に取り組んでいく。ただ、世の中の変化に合わせて臨機応変にターゲットを変化させていく方針で、その意味も込めて「X」と命名したそうだ。

その信条はスピードで、すべての運営は固定組織ではなく、商品や技術機能別のプロジェクト運営とし、極力フラットな組織にしている。席も約120人分あるが、常にすべて埋まるとは限らないという。

■オープンイノベーションで門戸を幅広く開放

「このR&DセンターXで重要となるのがオープンイノベーション。ホンダの強みと外部の方の持つ強みを融合させ、お互いを尊重しながら新価値の創造に取り組んでいく。ベンチャー企業、大学、研究機関に加えて、アイデアを持つ個人の方も含めて幅広く門戸を開放して連携を図っていく」と松本社長は説明する。

そして、R&DセンターXがより高い視点とより広い視野を持った活動ができるように、米国スタンフォード大学名誉教授のエドワード・ファインゲンバウム博士をアドバイザーとして招聘した。同博士は人工知能開発のレジェンド的存在で、ホンダが1984年に米国で自動車会社として初めて研究所を設立した際に相談した人物だ。

ホンダは八郷隆弘社長体制になって今年6月で3年目に入るが、この数カ月で米グーグルを傘下に持つ持ち株会社アルファベットの子会社Waymo(ウェイモ)や日立オートモーティブシステムズとの協業を相次いで発表。これまでの自前主義から決別し、外部の力を積極的に利用する戦略に出た。今回のR&DセンターXもその一環と言っていい。

その裏にはホンダにとって切実な悩みがあった。というのも、エンジニアなどの開発者が不足しているのだ。伊東孝紳前社長がF1に参戦すると決断した時も、本田技術研究所の上層部は「開発者を送り込むことはできない」と反対したと言われている。

もちろん開発の人材は積極的に募集している。ところが、場所が和光(埼玉県)や栃木の研究所ということもあってか、思うように人材が集まらないそうだ。おまけに、「フィット」の相次ぐリコールなどで社内が大混乱、未だにその影響が残っているのだ。

一方、世の中の流れは速く、AIや自動運転などの新技術競争が一気に高まり、車も電動化がしきりに叫ばれるようになった。ここで乗り遅れたら、ホンダに未来はないと言っても過言ではない。そんな中で新設されたR&DセンターXは、ホンダが将来さらに発展できるかどうか重要なカギを握りそうだ。

「人工知能とロボット工学のR&Dセンターが赤坂に置かれることで、若い日本人のエンジニアたち、特に優れた東京の各大学から学生たちが最も重要な変化の一つに創造的に参加できるようになる」とファインゲンバウム博士は強調していた。

東京・赤坂に開設された「HondaイノベーションラボTokyo」。さらに「R&DセンターX」が新たに加わる。

(ジャーナリスト 山田清志=文)