5分で“夜すぐ”ごはん!鶏むね肉がレンジでやわらか〜くなるコツ

写真拡大

 夜、疲れて家に帰ってご飯を作る。しんどい! でも体のためにはインスタントもちょっと、ましてや外食はお金がかかる…。

 そんな時に、電子レンジを使って簡単に、あなたの心もおなかも満たしてくれるおいしいレシピがあります。

◆「レンジ加熱は短め、余熱で1〜2分」が肉料理のコツ

 夜食べるなら、少しでもヘルシーなものがいいですよね。もちろん、おなかにも満足感があるもの。そんなリクエストにぴったりなのが鶏むね肉。高タンパクで低脂肪、ビタミンも豊富です。

「でもむね肉ってパサつきがちじゃない? それに電子レンジ調理って肉がかたくなっておいしくできないのでは?」と思っているアナタ。

 とんでもない! 子どものころから鶏肉好きで、いまや「鶏肉の伝道師」とも呼ばれる超人気料理ブロガーのたっきーママさんが、長年の鶏肉愛から最強の「ジューシーな鶏むね調理法」を教えてくれました。

「肉に片栗粉をまぶして、水分やうま味を逃さず閉じ込めます。仕上がりもふっくらするし、たれも絡みやすくて美味しくできますよ」(たっきーママさん)

 粉をまぶすってちょっと面倒…と思ったら、片栗粉も肉も材料をすべて耐熱容器に入れてチンするだけなんです。

「レンジでかたくなるのは、加熱時間が長すぎるから。加熱時間を短めに、余熱で中まで火を通せば、とってもジューシーでやわらかくできますよ」(同)。

◆「照り焼きペッパーチキン」驚きのレシピ

<材料(2人分)>
・鶏むね肉(ひとくち大のそぎ切り):1枚(250g)
・水:大さじ1 1/2
・しょうゆ、酒、みりん:各大さじ1
・片栗粉:小さじ1
・粗びき黒こしょう:小さじ1/4
・塩:ひとつまみ

<作り方>
1)耐熱容器に材料をすべて入れてもみ込む。
2)ふんわりラップをかけてレンジで4分加熱し、ラップをしたまま1〜2分おき、余熱で火を通してよく混ぜる。

*電子レンジは600Wのものを使用しています。
*電子レンジ対応の耐熱容器を使用してください。
*熱いので、加熱後にラップを外すときはやけどに注意してください。

 材料を混ぜてレンチンするだけで、本当にふっくらおいしい! しかも早い! これなら、疲れて何もつくる気がしないときでも、なんとかなりそう。

 実はこれ、たっきーママさんのお弁当レシピなんです。

 もちろん朝にもすぐできるし、前日や週末に作りおきして、お弁当用に保存しておくこともOKなお役立ちおかずです。チンした容器のまま冷蔵庫に保存できるから、洗い物も少なくてラク〜。

 お弁当おかずって、実は簡単夜ごはんにもぴったり。自分の体のために、まずはレンチンするだけでできる1品、作ってみませんか?

【たっきーママ(奥田和美)】
 月間200万アクセスの人気料理ブロガー。簡単でおいしいレシピが評判で、料理レシピ本大賞in Japan2016入賞、レシピブログアワード2年連続お弁当部門グランプリ受賞。作りおきや1分でできる副菜など全部レンジでできるお弁当の新刊「たっきーママの作りおきおかずも!副菜も!全部レンジで朝すぐ!弁当」が3/30発売予定。

<TEXT/女子SPA!編集部>