今回は、男女それぞれに“心地がいいと思う愛情表現”をリサーチ! 恋愛上手になりたいのなら、この愛情表現をマスターしましょう♡

長続きするカップルの秘訣って?



長続きするカップルの秘訣はたくさんあるかと思いますが、そうでないカップルと比べたときに感じる圧倒的な違いといえば“愛情表現が上手いか下手か”です。重すぎず冷たすぎない、心地よい愛情表現を示すことにで相手の心をずっと惹きつけ、そしてそれによって相手にも大切にしてもらえるという良いサイクルを生み出すことができれば、マンネリ化もせずずっと仲良しのままいられるものです。

ではさっそく、そんな心地よい愛情表現を学んでいきましょう♪

男性が思う“心地よい愛情表現”とは?


「風邪をひいたときに、彼女が看病してくれたのはうれしかったなあ〜。黙って料理を作ってくれたり買い物をしてきてくれたのが、やってますアピールがなくて、なおさら良かった。」(26歳・商社)

「毎朝、弁当を作ってくれること。どんなに朝早いときでもちゃんと用意してくれてて、愛情を感じる」(32歳・IT会社)



「仕事でミスして落ち込んでいる時に、なにも言わずにそっとしておいてくれることも愛情だと思う。実際にそういう時期があって、明らか落ち込んでることがバレバレだったと思うのに、普段通りに接してくれたことに逆に救われた」(25歳・旅行代理店)

「付き合いたての頃の話を鮮明に覚えていてくれるとうれしい。自分では覚えてないことも多いけど(笑)、彼女がうれしそうに昔のことを話しているのを見ると、こっちまでうれしくなる」(23歳・銀行員)

「車が好きっていう話をしたら、彼女が車種の勉強をしてたことがあって、すごいかわいいな〜と思ったことがある。会話の途中に“それこのまえ雑誌で見たよ〜”とか自慢げに言われると、思わず抱きしめたくなっちゃうよね」(27歳・保険会社)

さりげなさがポイント!
男性陣から多くあがったのは、「自分の見えないところで、自分のために努力してくれるのが心地いい」という意見。女性の“頑張ってますアピール”には引いてしまう男性たちですが、いじらしく彼氏の趣味を勉強したり、風邪を引いた時に看病してくれるなどの行動は“心地よい愛情表現”なのだとか。
“さりげなさ”に萌える男性が多いことを覚えておきましょう。

女性が思う“心地よい愛情表現”とは?


続いて、女性の意見を聞いていきましょう。女性が思う“心地よい愛情表現”とは、一体どのようなものなのでしょうか?



「彼氏が記念日を覚えておいてくれるのはうれしい! 電話でもLINEでも、『今日記念日だよね? いつもありがとう!』って一言くれるだけで愛情を感じる」(23歳・保育士)

「彼氏の友達に紹介してくれると、自分とのことを真剣に考えてくれてるんだな〜って思う。友達の前でも恥ずかしがらずに、“自慢の彼女です”くらい言ってくれると、なお良し」(25歳・PR会社)

「私の友達やバイト先の人を巻き込んで、バースデーパーティーをサプライズで開いてくれた時はものすごく感動した……! 大掛かりじゃなくてもいいから、誕生日や記念日、クリスマスとかのイベントの時に、サプライズをしてくれるのはうれしい!」(21歳・学生)

「職場の人間関係で悩んでいた時に、彼氏がずっと私の味方でいてくれたのはうれしかった。悩んでる時とか落ち込んでる時に、とにかく肯定してくれる彼は、替えのきかない存在だと思う」(22歳・医療事務)

「忙しいときでも私のことを第一優先してくれると“わあ〜愛されてるなあ♡”って感じます。自分が一番だということを行動で示してくれるのは、とてもいい愛情表現です」(25歳・通信会社)

行動で示されたいのが女子の本音
女性からは「自分を大切にしてくれていることを行動で示してほしい」という意見が多数寄せられました。とくに、記念日などのイベント時に彼がどんなことをしてくれるのかで、愛情を推し量っている傾向もあるようです。プレゼントの値段ではなく、彼からサプライズをされたほうが愛情を感じやすいとのことでした。


男女の“心地よい愛情表現”の違い


男性は「見えないところで努力してくれている」ところに愛情を感じ、一方女性は「きちんと行動で示してくれる」ことから愛情を感じることが分かりました。

その傾向にあるからこそ、女性は行動で示そうと、彼に「見て見て〜! こんなにあなたのために頑張ってるの」というアピールをしてしまいがち。しかし、これは男性サイドから言わせれば「重い」のだとか。

男性だってちゃんと見てくれている!
そのすれ違いによって、カップルの危機を迎えることもあるはずです。「男は単純」と言われていますが、意外にも(?)女性陣が思っているより、男性はいろんなことに気づいています。ですから、いちいち彼に見せびらかすようにして行動しなくとも、きちんと見てくれていることのほうが多いのです。

そのことを頭に入れつつ彼に対する思いやりをもって行動していれば、自然と“心地よい愛情表現”になっているもの。男性と女性の感覚の違いを知り、愛情表現上手さんを目指しましょう♡
(Mone)