本当に、楽な相手だろうか――。ロシアW杯アジア最終予選で、まだ1勝もしていないタイ代表のことである。3月28日、ハリルジャパンはこのグループ最下位のチームを埼玉で迎え撃つ。


タイ戦では「主導権を握る」と意気込む香川真司 昨年9月に開幕したアジア最終予選。UAEとの初戦を落とす最悪のスタートだったが、11月にグループ首位のサウジアラビアを2-1と撃破すると、3月23日にはアウェーでUAEを2-0と下し、リベンジに成功。最終予選のなかばを迎え、チームは調子を上げてきた。

 次のタイ戦は、5万人以上のサポーターの後押しを得られるホーム、埼玉スタジアムでのゲームなのだ。負ける相手ではない――そう考えるのが普通だろう。

 だが、自信が慢心に変わり、油断につながれば、落とし穴にハマってしまうのが勝負の世界の常でもある。

「(UAEにいい勝ち方をして、次は最下位相手にホームでの試合となると)緩くなるよね。それは危ない兆候なので、思った以上に締めたほうがいいと思います。思った以上に難しい試合になると思って、基本的なところから入ったりするのが大事。簡単なパスを簡単にするとか。ちょっとおしゃれに2人抜いてやろうとかってことじゃないと思うんですよね。タイはけっこうやるからね」

 そう警鐘を鳴らしたのは、FW本田圭佑(ACミラン)だ。本田と同じく3度目のワールドカップ予選となるDF長友佑都(インテル)も気を引き締めている。

「みなさんが得失点差だとか、大量得点だとか僕らをあおるけど、それにはあまり乗らないようにしたい。タイだからといってナメてかかると、足もとをすくわれると本当に思っているので、まずは勝ち点3を獲りたいと思います」

 今予選に限らず、過去の最終予選を振り返ってみても、アウェーゲームよりホームゲームのほうが苦戦する傾向がある。大観衆の後押しがプレッシャーや焦りにつながることがあるからだ。

 それに相手チームも、亀のように閉じこもり、引き分けを狙ってくることが多い。

 変則3バックのような形を取って守備に徹した昨年10月のオーストラリア戦、ハイプレスをかけてショートカウンターを繰り出した昨年11月のサウジアラビア戦、アンカーを置く4-3-3を採用した先日のUAE戦と、ハリルジャパンはここまで対戦相手と状況に応じてメンバーと戦術を変え、臨機応変に戦えるようになってきた。

 その一方で、ザックジャパンのころから、いや、それ以前から日本代表が抱える課題は解消されていない。

 引いた相手を、どう崩すのか――。

 かつてアルベルト・ザッケローニ監督は、サイドハーフを開かせることで相手のディフェンスラインを広げ、そこに生まれたスペースをトップ下の本田が使ったり、FW岡崎慎司(レスター・シティ)やMF香川真司(ドルトムント)らサイドハーフがダイアゴナル(斜め)に飛び出したりして攻略しようとした。

 果たして、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はタイ戦を迎えるにあたって、チームにどのような策を講じるのか。

「タイ戦では自分たちが主導権を握ると思います。アクションサッカーを積極的にトライしてやっていきたいし、そこで自分が担うものも大きいと思っているので、そのイメージと準備をしていきたいと思います」

 そう意気込むのは香川だ。UAE戦では守備における貢献度が高かったものの、戦術上、攻撃面における持ち味をなかなか発揮できなかっただけに、タイ戦では自身の存在価値をさらに証明したいと考えるのも当然だろう。

 一方で、逆の発想があってもいい。

 一方的に敵陣に押し込むから相手は引いてしまい、強引にこじ開けようするから、なお閉じこもるのであって、逆に、前に出てこさせるためにあえて相手にボールを持たせたり、カウンターの機会を与えたりするような、「北風と太陽」の寓話のようなやり方である。

 引いてダメなら押してみな、押してダメなら引いてみな――。そんな臨機応変な戦い方に長けた集団がいる。サッカー王国、ブラジル代表である。

 思い出すのは、ザックジャパン時代の2012年10月、ポーランド・ヴロツワフでの一戦である。

 開始直後からブラジルは積極的にプレスを仕掛け、中盤でも激しく囲い込んできたが、ミドルシュートで先制した途端、日本にボールを持たせ、カウンターを繰り出すようになる。

 その後、PKで2点目、カウンターから3点目を奪ったブラジルは、今度はボールポゼッションに入った。それは日本を揺さぶるためであり、ボールをキープして日本に攻撃の機会を与えないため。前からのプレス、リトリート(自陣に下がって対応)からの速攻、多目的のポゼッションを使い分けた彼らは、まさに試合巧者だった。

 試合後、ザックジャパンの選手たちは0-4で敗れたもののブラジル相手にボールを保持できたことに手応えを覚えていた。だが、1年後のコンフェデレーションズカップで再戦して惨敗したとき、実は「持たされていただけだった」と気づかされることになるのだ。

 ハリルジャパンがこれまでやってきたこと――対戦相手とシチュエーションに応じて臨機応変に戦い方を変える――を考えれば、タイ戦ですべきことは90分間ボールを保持することではなく、タイを自陣に引きこもらせないような、賢く、したたかなゲーム運びだろう。

 コンサドーレ札幌への加入が決まっている「タイのメッシ」ことFWチャナティプ・ソングラシンを筆頭に、テクニックに多少なりとも自信を持つ彼らは、餌をまけば食いついてくるはずなのだ。

 勝ち点3を奪うのは絶対条件。そのうえで確認したいのは、タイ代表をどのようにして攻略するか、そのプロセスだ。

■サッカー代表記事一覧>>