AppleはAR(拡張現実)を活用した製品の開発をiPhoneに次ぐ優先順位としており、1年以内に製品を販売する、と米Financial Times紙が報じています。

ARをiPhone以外で最高の優先順位と位置付け

報道によると、AppleはAR関連技術開発を、自動運転車開発の「プロジェクト・タイタン」以上の、iPhone以外では最高の優先順位と位置付けている、とのことです。
 
同紙は、Googleの支援を受けるAR技術企業Magic Leapが、小型軽量のメガネ型AR端末を今年中に発表するだろう、と報じています。なお、Appleのティム・クック最高経営責任者(CEO)が最近、同社を訪問したことがわかっています。
 
以下は、2016年にMagic Leapが公開したデモ動画です。MR(Mixed Reality:混合現実)と呼ばれる、現実世界に映像を投影・操作する様子が描かれています。
 

AppleとARに関する報道が相次ぐ

AppleのAR関連技術への取り組みについては、以前からティム・クックCEOが繰り返しARに言及していることから注目が高まっており、最近、AppleとAR関連の報道が相次いています。
 
BloombergはAppleが社内外から数百名の専門家を投入してAR関連技術の開発にあてており、先にiPhoneにAR技術が搭載され、メガネ型デバイスはその後に投入される、と報じています。
 
また、Apple関連著名アナリストとして知られ、現在はベンチャーキャピタリストのジーン・ミュンスター氏は、「iPhone8がARに対応することで、テクノロジー界のパラダイムシフトを引き起こす」との見通しを語っています。
 
 
Source:Financial Times via AppleInsider
(hato)