心も体も快調!カラダが目覚める「朝1分ストレッチ」

写真拡大 (全3枚)

着替えてメイクして朝食……と、朝の出勤前はとにかくバタバタでやることがいっぱい!ですよね。でもそんな朝こそ体を動かすと、心身が目覚めて気持ちよく一日がスタートできるんです。

今回は健康づくりのプロである筆者が、特に朝行うとよいエクササイズの中から、“カラダが目覚める!朝1分ストレッチ”をご紹介します。

合掌姿勢から、体側伸ばし

(1)まっすぐに立ち、胸の前で両手を合わせましょう。残っている息を口から吐き出します。

(2)合わせた両手を真上に上げていきましょう。鼻から息を大きく吸い込みます。

胸の前で両手を合わせたときに、肩のラインが傾いたりしていないか姿勢をチェック。両手を上げる前にいったん息を整えましょう。

(3)上体を真横に倒していきましょう。口から息を吐き出します。30秒ずつ左右行っていきましょう。

呼吸を止めないように、ゆっくりと吸ったり吐いたりしながらじっくりと体側を伸ばしていくようにします。両手が離れないように、親指をクロスして両手を合わせるとよいでしょう。

いかがでしたか? 体を伸ばすと同時にゆっくりと息をすることで、心身のコンディションを整えることが期待できます。朝ストレッチで体を伸ばし、しなやかなでアクティブな一日を過ごして下さいね。

【画像】

※ Nenad Aksic / Shutterstock

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。