中国の建設大手、中国鉄建が落札したロシア・モスクワの地下鉄工事が今年の秋ごろに始まる見通しだ。写真はモスクワ。

写真拡大

中国の建設大手、中国鉄建が落札したロシア・モスクワの地下鉄プロジェクトについて、モスクワ市政府は2017年秋から初冬にかけて工事が始まる見通しであることを明らかにした。

参考消息網がロシアの通信社スプートニクの報道として24日報じたもので、中国鉄建は229億8000万ルーブル(約444億円)で3つの地下鉄駅などの建設工事を落札している。ロシア当局の関係者は両国の専門家が共同で設計を進めていることを指摘した上で「2020年までに完成するはず」と発言。中国鉄建は直径6メートルのトンネルボーリングマシン4台、エンジニアら約500人を現地に派遣する計画で、「現在は初期の設計と施工準備段階にある」と説明している。(提供/Bridge・編集/Yamaguchi)