NTTレゾナントは27日、「gooのスマホ」第7弾として、ドコモ、au、ソフトバンクの3キャリアで利用できるSIMフリースマホ「g07+(グーマルナナプラス)」を「OCN モバイル ONE」とセットで販売開始した。 同スマホは、2枚のSIMを同時に利用できるDSDS機能と価格が評価されて好評な「g07」のバージョンアップ版。ネットワーク規格CDMA2000に対応し、auのSIMも使えるようになった。これにより、3キャリアのSIM全てでDSDS機能の活用が可能となる。

 主な特長は、LTEと3G(WCDMA)の同時待ち受けを可能にする「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応、2枚のSIMカードを1台で同時に利用できる。5.5インチの大型液晶1920×1080の高解像度のFull HD IPS液晶として、消費電力を抑え明るくて高精細なIGZO液晶パネルを採用。また、液晶には傷への耐久性に優れたDragontrail強化ガラスを採用。タッチパネルも精度が向上し滑らかなタッチ操作が可能。

 さらに、SONY製のCMOSイメージセンサを搭載し、メインは13メガピクセル、フロントには8メガピクセルの高画質カメラを搭載。また、カメラにIRカットフィルターを追加し、より自然できれいな撮影効果が得られる。その他、安心で便利な指紋認証センサーを搭載する。

 価格は1万9,800円(税別)。