米リコード(Recode)や米ザ・バージ(The Verge)などの海外メディアの報道によると、米アマゾン・ドットコムはこのほど、ドローン(小型無人機)を使って商品を配達する様子を米国で初めて、一般の人々に披露した。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

完全自立飛行の配送ドローン

 アマゾンは3月20日に、カリフォルニア州パームスプリングスで「MARS 2017」と呼ぶ、機械学習、オートメーション、ロボット、宇宙探査に関するカンファレンスを開催したが、その会場でデモを行ったという。

 ユーチューブで公開された動画には、会場の敷地上空に1機のクワッドコプターが現れ、芝生の上に敷かれた目印のシートに着地後、アマゾンのロゴ入り段ボール箱を下ろして離陸する様子が映されている。

 段ボール箱の中身は、ボトル容器に入った日焼け止め剤で、荷物の重量は1.8キログラムほど。これが果たしてアマゾンのeコマースサイトで実際に注文されたものなのか、あるいは単なるシミュレーションなのかは定かではないが、商品を受け取った人はカンファレンスの参加者だったという。前述のリコードの記事は、このドローンは、アマゾンのソフトウエアによって完全自立飛行したと伝えている。

Prime Air構想とは

 アマゾンは2013年12月に「Prime Air」と呼ぶ、ドローンを使った商品配送システムの構想を発表。同社はこのプロジェクトで、重さ約2.25キログラムまでの商品を注文から30分以内に顧客の元に届けることを目指しており、これまで米国でさまざまな実験を行ってきた。

 だが米国では商用ドローンに関する規制があるため、私有地以外の場所では飛行実験が行えない。そこで、アマゾンは昨年7月、英国運輸省民間航空局(Civil Aviation Authority:CAA)が主導する政府組織と提携。同年12月に、同国で顧客を対象にしたドローン配送実験を開始した。

 英国の実験は、ロンドンから約100キロメートル離れたケンブリッジシャーの町で行われた。顧客が自宅でタブレット端末をタップして商品を注文すると、アマゾンの配送センターでドローンに商品が格納され、その後、台車に乗ったドローンが専用の離陸スペースに移動する。最後にオペレーターがコンピュータ画面をクリックすると、ドローンが飛び立つ。

 その後ドローンはGPS(衛星利用測位システム)を使って飛行し、顧客宅の庭にある目印地点に着陸。荷物を下ろして、再び離陸し、配送センターに帰る。

(参考・関連記事)「アマゾンのドローン実験、ついに顧客に商品配達開始」

アマゾン、米連邦航空局の協力を得る

 しかし、こうした実験は今のところ米国では不可能だ。米連邦航空局(FAA)が昨年6月に公表し、同年8月に施行されたドローン使用に関する運用規則では、飛行が許可されるのは、操縦者から視認できる範囲。1人の操縦者が複数のドローンを同時操縦することも禁じている。

 つまり、今回アマゾンがカリフォルニア州パームスプリングスで行ったデモや、英国の実験のような、完全自立飛行の商用ドローンは米国で許されていない。

 アマゾンのプロジェクト担当者は、今回の飛行デモは、FAAの協力を得て行ったと話している。また米シーネットは、今回の飛行はすべて、パームスプリングス国際空港の管制空域の中で行われたと伝えている。

 こうした状況から考えると、カリフォルニアのデモは、1回限りの特例的な措置によって実現したのかもしれない。ただ、前述のザ・バージの記事は、今回アマゾンがFAAの協力を得た点が非常に興味深いとも伝えている。

 FAAは先ごろ、航空宇宙産業リポートを公表し、米国におけるドローンの実働数は今後5年で急増するとの見通しを示した。その前提条件としてFAAが挙げたのが、規制緩和だ。FAAはリポートの中で規制緩和に関する、具体的なことは述べていない。しかし、今回のアマゾンへの協力が、近い将来における規制緩和を示唆しているのかもしれない。

(参考・関連記事)「商用ドローン、2021年には10倍超に増加」

筆者:小久保 重信