映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」予告編はこちら

5月12日より全国ロードショーとなる、映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。本作に登場する謎に満ちた新キャラクター“マンティス”の日本版吹き替えキャストに、秋元才加が抜擢された。

銀河一“ヤバい”愛されヤンキーヒーローチームが、ノリと笑いで銀河を守る(!?)最強に笑えるアクションアドベンチャー超大作映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。アイアンマンやスパイダーマンを生んだ「アベンジャーズ」シリーズのマーベル・スタジオ最新作となる話題作だ。

超絶カワイイのにキレるとコワイ、身長25cmの最終兵“木”【ベビー・グルート】に遠藤憲一、銀河一凶暴な毒舌アライグマの【ロケット】に加藤浩次、そしてノリと情熱だけで動いてしまう“永遠の思春期リーダー”スター・ロードこと【ピーター・クイル】に山寺宏一ら、日本版吹き替えキャストとして前作の豪華声優陣の再集結が報じられ、早くも公開を待ち焦がれる声が多数上がっている。

そしてこのたび、前述の新キャラクター“マンティス”役の声優が、女優の秋元才加に決定。秋元がディズニー配給作品に参加するのは初(※映画吹替えは2013年の「スプリング・ブレイカーズ」のDVD吹替以来となり、劇場上映作品としては初)であり、人気上昇中のマーベル作品での初参戦となる。

また、新キャラクター“マンティス”の設定も明かされた。今回解禁となった謎に満ちた新キャラクター“マンティス”は、触角女子という衝撃のビジュアル。これまでに解禁されている映像にも登場し、その設定に注目が集まっていた彼女は、触れるだけで相手の感情を読むことができる“エンパシー”という特殊能力を持っている。

思考を読むのではなく感情を読み取るというこの能力により、仲間であるガモーラへの恋心を読み取られたピーターが赤面するシーンも。さらに、その感情を恋の相手であるガモーラに平然と言い放つなど、空気の読めない不思議系キャラクターぶりが炸裂。

そのユニークな能力と、つかみどころのない性格により、超個性派チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”であらたな存在感を発揮するマンティスは、“ピーターの父”を名乗る謎の男エゴ(カート・ラッセル)の側に付き添って登場。敵か味方か、その能力を使ってどんな活躍を見せるのか、本作の重要なキーを握るキャラクターとなりそうだ。

女性も憧れるスタイルを持ち、アクティブで健康的な魅力が持ち味の秋元才加。自身と真逆とも言えるキャラクターをどう演じるのか、注目が集まる。

なお、秋元の起用理由について、ディズニーの担当者は「女性も憧れるカッコよさをお持ちの秋元さんは、女性ヒーローも増えているマーベル作品と、とても親和性が高いと感じています。演じていただくマンティスはいわゆる“不思議ちゃん”なので、ハキハキしたイメージの秋元さんとは間逆とも言えるキャラクターですが、独特な不思議な雰囲気を見事に作り出してくださったため、起用を決めさせていただきました!」と話している。

ギャップの魅力が満載のキャラクターとストーリーに圧倒的なアクション、そして懐かしくもゴキゲンなヒットソングに彩られた、最強に笑えるアクションアドベンチャー超大作「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」。要注目だ。

秋元才加 コメント

山寺さん、加藤さんや遠藤憲一さんら、そうそうたるメンバーの中にこうして名を連ねることができることが、本当に光栄です。自分の声が混ざったとき、どんなふうになるのか完成がとても楽しみです! 女性のキャラクターが力強く、見どころも満載なので楽しみにしていてください。あとベビー・グルートが小さくて本当にカワイイので、冒頭から心を奪われる女性が多いと思います!



映画情報



「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」

5月12日(金)全国ロードショー

監督:ジェームズ・ガン

製作:ケヴィン・ファイギ

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ ほか

配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)Marvel Studios 2017

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」作品サイト

http://marvel.disney.co.jp/movie/gog-remix.html

秋元才加 OFFICIAL blog

http://ameblo.jp/akimotoo0726/