Appleは現地時間3月27日、Apple TV向けOS「tvOS 10.2」を正式リリースしました。

新機能の映画リレー視聴が可能に

今回のアップデートでは、レンタルした映画を複数のデバイスで視聴できる新機能が追加されました。例えばiTunesからレンタルした映画をiPhoneで視聴開始し、その続きをApple TVなどほかの端末で視聴することができます。
 
この機能は21日にリリースされたiTunes 12.6で追加されており、新レンタル映画再生機能を利用するには、iOS 10.3またはtvOS 10.2が必要となります。
 
そのほか、リモコンの右端に沿ってスワイプすると、長いリスト内を素早く移動できるスクロール機能、またiPhoneおよびiPad向けの「Remote」アプリで歌詞やプレイリストを見たりできるリモートコントロールなどを盛り込んでいます。
 
アップデートはApple TVの設定アプリから、ソフトウェア・アップデートを選択して行います。
 
なおAppleは同日、Mac向けOS「macOS Sierra 10.12.4」、iOS端末向けOS「iOS 10.3」、Apple Watch向けOS「watchOS 3.2」も同時にリリースしています。
 
 
Source:Apple
(asm)