Appleは現地時間3月27日、Mac向けOSのmacOS Sierra 10.12.4を正式リリースしました。
 
今回のアップデートでは、iOS端末ではすでに導入されていたブルーライトカットモード「Night Shift」がMacにも導入されます。日が暮れるとディスプレイの色が自動的に暖かい色に調整されます。
 
またSiriは、インディアン・プレミア・リーグや国際クリケット協議会のデータを知ったことにより、クリケットのスコアやスケジュール、選手名簿について教えてくれるようになります。
 
そのほかフレームワークを使用するアプリケーションで、PDF表示を改善するためのPDFKit APIの更新、上海語での音声入力などが盛り込まれています。
 
以下にmacOS Sierra 10.12.4で追加された新機能や、改善、修正内容を列記します。
 

macOS Sierra 10.12.4の新機能と修正内容

 

Night Shiftが追加されます。Night Shiftでは、日が暮れるとディスプレイの色が自動的にスペクトラムの一番暖かい色に変更されますSiriで、インディアン・プレミア・リーグおよび国際クリケット評議会のクリケット競技会のスコアおよび成績を表示できるようになります上海語の音声入力が追加されます“プレビュー”でのPDFのレンダリングおよび注釈に関するいくつかの問題が解決されます“メール”の“スレッド”表示における件名行の視認性が向上します“メール”メッセージの内容が表示されない問題が修正されます

 
なおAppleは同日、iOS端末向けOS「iOS 10.3」、Apple Watch向けOS「watchOS 3.2」、Apple TV向けOS「tvOS 10.2」も同時にリリースしています。
 
 
Source:Apple
(asm)