DF酒井宏樹「最終予選は結果」…内容よりも結果重視の考え明かす《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習終了後、DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。右サイドハーフの関係性や、W杯アジア最終予選6試合の戦いぶりを振り返り、「最終予選は結果」との考えを明かした。

◆DF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)

──タイ戦の注意点

「立ち上がりは注意したい。良いモチベーションで試合に入ることが大事。観客を含めて会場が一体になって、向こうにプレッシャーを与えることができれば、相手にプレーさせることはないと思う。後ろが90分しっかり引き締められれば良い試合になる」

──これまでのホームゲームで苦戦

「内容に関して、苦しいとは思っていない。なかなか点が入らなかったり、失点をしてしまったりしていることはあるけど、チームとしてタフになることができている。内容云々というよりも、最終予選は結果。ワールドカップのチケットが取れれば良い」

──FW久保裕也との連携面

「時間が短すぎるので、連携というよりも、お互いを信じ合ってやっていくしかない。それに、誰と組んでも、僕のプレースタイルは変わらない。プレースタイルというか、僕の考えることは変わらないので、前の選手がやり易いように動くだけ。主導権はサイドハーフにある。それに合わせて、動くこと、考えることが大事だと思っている」

──タイ戦に向けて

「最後にはオーストラリア代表、サウジアラビア代表といった厳しい戦いが残っているので、タイもどういう戦い方でくるかわからないですが、0-0で進めば僕らも焦るかもしれない。明日は難しい試合になる」

──初戦UAE戦での敗戦について

「負けることは許されなかったが、ポジティブに考えるしかない。予選が終わった時にあの敗戦があったからと思えるようにしたい」