肉体関係はあるのに、「付き合って」を言ってくれないのはなぜなのか?

遊び? セフレ? 付き合っていると思っている? 様々な憶測が飛び交い、憂鬱な気持ちになってしまいますよね。

関係があるのに「付き合って」と言わない男の理由は様々ですが、男性の筆者が、「付き合って」を言わない男の心理を徹底解剖致します。

男は男の気持ちがわかるもの。あなたの彼も、もしかしたら同じ気持ちかもしれませんよ。

 

■肉体関係の後で今更…

遊びじゃない本当に好きな相手に、「付き合って」を言わない時、最も多い理由は、「今更」という気持ちがベターです。

流れで関係を持ってしまい、彼女も同意してくれたのですから、“付き合っている”“相思相愛”と思ってしまうのが、「付き合って」を言わない男の心理。

タイミングを逃したとも考えられますし、彼女から催促がなければ、言う必要もないと考えてしまう男も多いんですよ。

 

■初心な彼ならちょっと恥ずかしい

恥ずかしがり屋な初心な男は、肉体関係が先にあっても、改まって言えないこともあります。

先程の“タイミングを逃した”にも通じますが、単純に恥ずかしいので言えないこともあるのです。

その割には、やることはやっているのですが、女性が、恥辱を感じるエッチなプレーを強要された時に、恥ずかしくてできないと断固として拒否することがありますよね。

恥ずかしくて言えない男は、女性のそれと同じで、恥ずかしくて喉まで出かかっているたった一言が、言えないこともあるんですよ。

「なぜ?」と思うでしょうが、それは恥辱プレーを拒否した時に男が「なぜ?」と思うのと一緒。

できないものはできない、言えないものは言えないと思っているのです。

 

■本気じゃない!恋に遊びたい時期

エッチ目的だけの“遊び”とは違い、恋に遊びたい時期ってありますよね。

「色んな人とお付き合いしてみたいな〜」と、単純に思っている時期です。

そんな時男は、あえて「付き合って」と、言わないこともあります。

女性の中には、言ってくれないことが理解できず、彼に言わせることに執着する人もいますが、遊びたい時期に、複数の女性に「付き合って」と言い、何人もの彼女を作る男性とは違い、それをしたくない為あえて言わず、彼女が他の男に走ってもいいように、境界線を設けているのです。

善か悪か、それは個人の価値観の問題でしょうが、言わせることに執着せず、なぜ言わないのかを腹を割って話せたら、解決の糸口が見つかることもありますよ。

 

■美学に反する!「付き合って」は子供っぽい

「付き合って」と言うことが、子供っぽいと感じている男も中にはいます。

美学に反するとでも言うのでしょうか、精神が成熟した者同士のほろ苦い、言葉では語れない心のハーモニーを奏でるような恋愛を経験した者にとっては、その一言が、二人の共鳴に不協和をもたらすと考えているのです。

甘すぎる青春恋愛のような恋は、学生時代でおさらばするはずですが、いくつになっても高校生のような恋愛に憧れている女性には、ちょっと理解できないかもしれませんね。

 

「付き合って」を言ってくれないと、男だけを責めがちですが、肉体関係を持ったということは、あなたにも非があり、男だけの問題ではありません。

都合の良い時だけ、男が言うべきと差別するのではなく、あなたから告白してもいいのではないでしょうか。

「女の子は言えないし、男が言うべき」かもしれませんが、なら、「女は料理するべき」と、男が言っても異論はないでしょう。

もし、男から言ってもらいたいなら、肉体関係を持たないこと!

「付き合って」を言うまで関係は持てないと突き放し、彼が言ってくれるのを待つ方がいいと思いますよ。

【画像】

※  Lizavetta/shutterstock

【関連記事】

※ 愛してるぜ…!オトコが本命女子だけにする「ベッドでのラブアピール」

※ M心を刺激。彼の「襲われたい」願望を探る方法

※ 「一生守ってやる!」男に本気で愛される女性の特徴

※ うわっ、たまんねぇ〜!男子をドキッとさせる小悪魔級エロテク

※ 男子がメロメロになる「癒し系女子」になるためのコツ

※ 察してくれ!彼が密かに発している「今日エッチしたくない」のサイン