C大阪MF清武弘嗣、タイ戦のポイントに「いかに相手を食いつかせるか」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、MF清武弘嗣(セレッソ大阪)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。タイとの一戦に向けてのポイントや中央の選手が重要になってくると提言。また、自身についてはワールドカップ出場のためにいつでも出られる準備をしておくとコメントした。

◆MF清武弘嗣(セレッソ大阪)

──タイ戦に向けて

「相手が引いてくるか、攻撃的にくるかはわからないが、やることは変わらない。日本のスタイルを一試合を通して発揮しなくてはいけない」

──日本のスタイルとは

「監督が言ってきたように縦に速いサッカーというのも必要だが、引いた相手に対してボールの出し入れを多くしていきたい。ボールを握る時間帯のほうが多いと思うので、相手が出てきた時に裏を狙える。まずはボールの出し入れを多くして相手を食いつかせていかなくてはいけない」

──UAE戦とは戦い方が変わると思うが

「もちろん戦い方は違う。相手も違う。日本がボールを持つ時間帯が長くなると考えている。その中で、いかに相手を食いつかせたり、ラインを上げさせるかがポイントになる」

「ボランチだったり、トップ下が配球や出し入れをしなくてはいけない。明日はボランチとトップ下の3枚が重要な役割になる」

──セレッソ大阪に戻ってきて、日本で調整して代表戦に臨むことになるが

「海外にいたころとあまり変わらない。飛行機の移動がなくなっただけ」

──コンディションはどうか

「コンディションは良いし、常に試合に出たいと思っている。それがないとここにいる意味がない。今はみんながワールドカップを目指している中で、試合に出たいという気持ちはもちろんあるが、チームのためにという気持ちもある。自分がやれることをやりたいと思う」

──香川真司選手(ドルトムント/ドイツ)はトップ下での競争を意識しているようだが

「もちろん、ずっと真司くんとトップ下をやってきたので、試合には出たい。その中で、ピッチの上で絡みたいという気持ちもある。その気持ちはあるが、まずはワールドカップに行く切符を掴まなくてはいけない。ずっとここ数年代表にいるが、この気持ちは初めてではない。自分が出ても出なくても、自分が考えているトップ下の像とかイメージは常に持ちながら、試合に絡める準備はやっていきたい」