FW久保裕也、引いてくることが予想される相手に「サイドが起点になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。

▽練習終了後、FW久保裕也(へント/ベルギー)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。引いてくることが予想されるタイとの試合をサイドが起点になると強調し、得点に絡むことでチームの勝利に貢献することを意気込んだ。

◆FW久保裕也(へント/ベルギー)

──タイ戦に向けて

「得点に絡むのが仕事だと思う。しっかり貢献できるようにしたい」

──状態はどうか

「まだまだコンディションは上がると思うし、監督からもフィジカルが足りないとは言われている」

──大迫勇也選手(ケルン/ドイツ)が抜けて、前線の顔ぶれが変わると思うが

「選手の特徴とかはあると思う。その試合に出るメンバーでしっかりとコミュニケーションを取れていけたらと思う」

──タイは引いてくることが予想されるが

「サイドが起点になるのかなと思う。そこで枚数をかけて崩せたらチャンスが作れると思う」

──クラブでは中央からの突破や裏への抜け出しなど多くのパターンから得点を決めているが

「いろいろなイメージがある。状況によって変わるとは思うが、とにかくいろいろなことを試しながらやっていけたらと思う」

──本田圭佑選手(ミラン/イタリア)には右サイドでのプレーについてアドバイスをもらったか

「前回の試合前にはポジショニングについては言われた」

──長友佑都選手(インテル/イタリア)が久保選手を観ていると昔のギラギラしていた頃の自分を思い出すと言っていたが

「それは僕が判断することではないので、長友さんの意見だと思う」

──クラブを変えたことでプラスになったことは

「結果もついてきているし、その部分はクラブを変えて良かったと思う。スタイルが違うので比べることはできない」