日本代表のDF槙野智章(浦和=左)

写真拡大

 出場機会が訪れるかは分からない。たとえ出場しても、その時間は限られるのかもしれない。日本代表DF槙野智章(浦和)は「試合に出たいし、出ないのであれば悔しい気持ちを持つことは大事。それがないと成長にもつながらない」と話す一方で、“チームの結果が大事”と強調する。

「チームで動いている以上、チームの勝利とW杯出場というのが最優先される。自分の立ち位置を考えて、自分がやるべきことをしっかりやればいい」

 23日のUAE戦ではDF吉田麻也(サウサンプトン)とDF森重真人(FC東京)のCBコンビ、そしてGK川島永嗣(メス)を中心とした守備陣が相手攻撃をシャットアウト。2-0の完封勝利を収め、アウェーで貴重な勝ち点3を獲得した。試合前にはUAE対策に時間を割いたようで、それを実行しての完封劇に「パーフェクトに近かった守備だと思う」と槙野も振り返る。

「ライバルとなる選手たちが頑張っている姿が、僕にとっては刺激になる。アウェーの地で0点で抑えることの重要さと難しさというのも、自分の中でも分かっています」。アウェーで獲得できた貴重な勝ち点3。「アウェーでしっかり勝って帰ってきた勢いを、ゴールと勝利につなげたい。自分も準備をして気持ちをぶつけていきたい」と力強く語った。

(取材・文 折戸岳彦)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧