Jリーグ、うちの選手を見てくれ!ジーコ監督が求める「次の日本行き」

写真拡大

『FOX』は26日、タイ代表監督を務める『ジーコ』ことキャティサック・セナムアン氏(彼がアイドルとしていた選手があのジーコだった)のインタビューを掲載した。

タイ代表チームには、今夏コンサドーレ札幌への移籍が決まっているFWチャナティップ・ソンクラシンが所属している。

同国最高のアタッカーと評価される彼は、小柄な体格ながら抜群のキレを誇るドリブルを持ち、大柄なディフェンダーも翻弄できる選手だ。

タイから国外に出る選手は数少ないこともあり、今回の彼のJリーグ移籍は大きな期待を集めている。

自身もイングランドのハダーズフィールド・タウンに移籍した経験を持っているジーコ監督は以下のように話し、Jリーグに見てもらえるチャンスを生かしたいと語った。

キャティサック・セナムアン“ジーコ”(タイ代表監督)

(チャナティップ・ソンクラシンが夏に日本に行きますね。他にも推薦したい選手がいますか?今回のチャンスをショーケースにしたいですか?)

「そうだね。我々はこの与えられたチャンスを活かしたい。いつも選手たちには言っているんだ。チャンスがあれば、絶対に国外へ行きなさいとね。

それはいい経験になるよ。その選手だけにではなく、代表チームにもね。誰かが国外へ行けば、その経験を持ち帰ってくれるからね。それはタイ代表の強化の助けとなるよ」

(キャプテンのティーラトン・ブンマタンが出場停止になりましたね。打撃ですか?)

「いいや。何も問題はないよ。我々は誰かがいないことを気にしてはいない。戦術的な視点だけに集中している。

そして、我々はグループとして戦い、ピッチ上で団結力を見せることだけが重要だと分かっている。もしそれができれば、我々はいいプレーが可能だと信じているよ」