アンタッチャブル・柴田英嗣

写真拡大

26日放送の「ニノさん」(日本テレビ系)で、アンタッチャブル柴田英嗣が、ファンキー加藤の歌を熱唱する場面があった。

番組では「ニノさんの美女のオナラ」と題して、ゲスト出演者が自身にとってのタブーを告白し、スタジオで披露した。

コーナー終了後、最後にもうひとつタブーを見せてくれる追加ゲストとして柴田が登場した。博多大吉に促されて「『あの方』の歌を披露してください」と書かれたカンペを確認した柴田は「それもうタブーじゃなくてNGじゃない?」と抗議した。

「あの方」とは、柴田の元妻との不倫相手であるファンキー加藤のことだが、カンペの指示を拒む柴田に対し、草野仁が「そんなにイヤだと言うんなら、だったら私が歌いましょうか?」と手をあげた。これは、ダチョウ倶楽部のネタ「俺がやる!」からの「どうぞどうぞ」の前フリだった。

草野に歌わせるワケにはいかないと博多大吉が名乗り出た後、大久保佳代子、泉里香、嵐・二宮和也も次々に挙手。結局、最後に「それだったら歌いますよ」と、手をあげた柴田が歌うことになり「草野さんから振ってくるかな、これ?」と嘆いた。

曲のイントロが流れると、柴田は「ニュースになっちゃうよ!」と叫びながらも、ファンキー加藤が在籍していた音楽グループ・FUNKY MONKEY BABYSの「あとひとつ」を熱唱。しかし最後「『あの空へ』じゃねえよ!」と歌詞にツッコミを入れ、笑いを誘っていた。

【関連記事】
ものまね芸人のホリが抗議殺到で封印したタブーネタを10年以上ぶりに披露
フォーリンラブのハジメが激白 コンビ解散の危機を救った意外な人物とは
柴田英嗣 不倫騒動の記者会見に骨折状態で臨んでいたと告白