SISTAR ヒョリン、米ビルボードが絶賛「K-POPで最も目立つ声を持った歌手」

写真拡大

SISTARのメンバー ヒョリンに対するアメリカの関心が高くなった。

今月22日、アメリカのビルボード(Billboard) は、ヒョリンのアメリカ進出について言及した。彼らは「ガールズグループSISTARのメンバー ヒョリンは、K-POP市場で最も目立つ声を持つ歌手のうちの一人だ。彼女のハスキーで清々しいトーンは、ソロ活動と共にコラボレーションまで、ビルボードチャートで様々な成果を引き出した。彼女の声はガールズグループのメンバーでありながらも、同時に大衆性のあるK-POPボーカリストの領域までをカバーしている」と紹介した。

ヒョリンは先日(17日)、アメリカで開催された世界最大のミュージックフェスティバル「サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)」の「K-POP Night Out」に登場した。ソロ歌手で登場したヒョリンは、自身の歌とNicki Minaj、Ariana Grande、Jessie Jの「Bang Bang」をカバーした。

SXSWに参加したヒョリンは今月18日と19日、アメリカクラブツアーを行った。2つの都市で開催された今回の公演は全席売切れとなり、ヒョリンに対する良き反応がうかがえた。

アメリカでのスケジュールを終えて帰国したヒョリンは、韓国はもちろん、海外活動も続けていく予定だ。