27日、中国の薬物規制当局、国家禁毒委員会が発表した報告書で、中国国内には昨年末現在で麻薬使用者が250万5000人いることが明らかになった。資料写真。

写真拡大

2017年3月27日、中国の薬物規制当局、国家禁毒委員会が発表した報告書で、中国国内には昨年末現在で麻薬使用者が250万5000人いることが明らかになった。新京報が伝えた。

同委員会が27日に発表した「2016年中国麻薬情勢報告」によると、昨年末現在での中国国内での麻薬使用者(使用をやめて3年経過し、再使用が発覚していない者、死亡者、中国を離れた者を除く)は250万5000人で、前年より6.8%増加した。

昨年の麻薬使用状況では、青少年の使用者が前年比で減少するという特徴が表れた。昨年、全国で使用の取り締まりを受けた延べ100万6000人のうち、新たに使用し始めたのは44万5000人で、35歳以下では前年より19%減った。また、取り締まりを受けた35歳以下の麻薬使用者数自体も前年比4.1%の減少となったが、それでも18〜35歳の使用者数は146万4000人と全体の58.4%を占めており、依然として全年齢層の中で最も高い割合だ。

使用された薬物の種類では、ヘロインを主とするアヘン類麻薬使用者の増加が緩やかになる一方で、覚せい剤やケタミンといった合成麻薬使用者の増加ペースが高まった。薬物の産地ではタイ、ミャンマー、ラオスの3国がメコン川で接する山岳地帯「ゴールデントライアングル」での生産量が増えており、依然としてヘロインや覚せい剤の主産地となっている。

また、昨年全国で摘発した薬物製造アジトは438カ所、押収量が1トンを超えた薬物製造案件は前年の倍に当たる33件に上り、麻薬製造の大規模化が浮き彫りとなった。(翻訳・編集/川尻)