主将のDF吉田麻也「僕は長谷部誠になれない」…クラブでポジション奪取も慢心なし《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は27日、翌28日に行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に向け、試合当日の会場となる埼玉スタジアム2002で最終調整を行った。

▽練習終了後、DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。負傷離脱したMF長谷部誠に代わって務める主将像や、定位置を掴み取ったクラブでの状況について語った。

◆DF吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

──タイ戦に向けて

「気を緩めがちになる試合だと思うので、しっかりと後ろからリードしていきたい。対戦相手が引いて守られてしまって、なかなか崩せない展開に陥りがちなので、とにかく早い時間帯にゴールを取れるようにしなければならない。理想を言えば、得失点差もあるので、より多くのゴールを取ることがベストだけど、どんな状況になるかわからないし、とにかく勝ち点3を取ることに集中していきたい」

──カウンター返し

「(タイは)かなり守備的に入ってきて、カウンターを仕掛けてくる。おっしゃるとおり、奪ったあと、今まで築いていた守備のオーガナイズが崩れがちになるので、そこを突くことができれば一番。ただ、守備の点に関しては、アウェイのときも一対一の場面が何回かあったし、なるべくそこをなくすこと。UAE戦の前半で川島(永嗣)選手が止めたシーンだったり、後半の立ち上がりに2度くらいピンチがあったので、そういった試合の中で2、3回ある場面への対応を突き詰めていかないといけない」

──連携面

「毎試合、毎プレーを完璧に守備をオーガナイズできるわけではない。そういうところでカバーリングできるような選手に僕自身もなりたいし、チームとしてもお互いがカバーできるだけの集中力を保っておかないといけない」

──キャプテンとして心がけること

「アプローチ自体を変えるつもりは全くない。毎試合、100%で臨めるようなアプローチを心がけている。それを繰り返すだけ。先ほども言ったけど、集中力を欠きがちな試合になる可能性があるので、コーチングでしっかりとチームをリードしていきたい」

──MF長谷部誠というキャプテン像

「僕は、長谷部誠になれない。僕には僕のできるリードの仕方がある。無理して、ハセさんみたいに振る舞う必要はないと思っているし、自分が信じる道、正しいと思うリーダーシップを発揮していければ」

──個人として充実したチームでの状況

「監督がチャンスを与えてくれて、それに対して準備してて良いパフォーマンスを出せたことが一番大きかった。準備自体は、去年も一昨年もやっていたけど、そこでチャンスを掴めるかどうかは僕次第。去年掴めなくて、今年掴めたというだけ」

「逆に言うと、パフォーマンスが落ちれば、またポジションを奪われる可能性がある。そういう場所でプレーしていると思っていて、ポジションを奪ったという感覚はないし、これからもない」