UAE戦に続く2試合連続ゴールの期待がかかるFW久保裕也

写真拡大

 気負いも重圧もない。23日のUAE戦(2-0)でA代表初ゴールを含む1得点1アシストの活躍を見せた日本代表FW久保裕也(ゲント)は2戦連発の期待がかかる28日のW杯アジア最終予選・タイ戦(埼玉)を前に、「得点は意識し過ぎず、いつもどおりやりたい」と平常心を貫いた。

 FW本田圭佑をベンチに追いやり、最終予選2試合連続で右ウイングの定位置をつかんでいる。いよいよ世代交代かと周囲は反応するが、本人は「とにかく続けていくことが大事だと長友さんからも言われた。もちろん自分もそう思っているし、1試合しか結果を残していない」と、あくまで冷静だ。

 過剰なプレッシャーは感じていない。国際Aマッチ出場はまだ3試合。「試合に出るときは喜びを感じるし、楽しみながらプレーできている」と大物感を漂わせる23歳は「前回(初先発した昨年11月15日のサウジアラビア戦)はいい形で終われなかった。(UAE戦で)少しやれるなという実感がわいた。でも、もっともっとやれると思う」と貪欲だ。

 ハリルホジッチ監督からは「フィジカルが足りない」と課題も突き付けられているそうで、「そういうところをもっと伸ばせれば」と受け止めている。引いて守ってくることが予想されるタイに対し、「サイドが起点になると思うし、そこで枚数をかけて崩せたらチャンスになる」とイメージを膨らませた久保。「自分の役割は変わらない。攻撃の部分でチャンスをつくって、得点に絡むことが仕事。そこで貢献したい」と意気込んだ。

(取材・文 西山紘平)


●ロシアW杯アジア最終予選特集

●ロシアW杯各大陸予選一覧