SUPERGIRL

写真拡大

大人気アクション・ヒロインドラマ『SUPERGIRL/スーパーガール』にシーズン2からゲスト出演しているレナ・ルーサー役のケイティー・マクグラスが、新シーズンからレギュラーに昇格することが分かった。英Digital Spyが報じている。

レナ・ルーサーはスーパーマンの宿敵として知られるレックス・ルーサーの妹。悪名高い兄の陰から逃れるために、シーズン2の第1話でナショナル・シティ(『SUPERGIRL』の舞台)にやってきた。米Deadlineによると、ケイティは今秋スタートするシーズン3からレギュラーに昇格し、メインキャストの一人になるという。DCで最も有名なヴィランの一人であるレックスの妹でありながら、本作のレナはカーラと友好的な関係を築いている。シーズン2にはレナの母リリアン(ブレンダ・ストロング)と父ライオネル(イアン・ブッチャー)もすでに登場しており、兄レックスの登場も期待されている。

ケイティは、『ハリー・ポッター』シリーズの原点でもある、世界的に有名な魔術師マーリンとアーサー王の若き日の冒険と活躍を描いたファンタジードラマ『魔術師マーリン』でモルガーナを演じていたことで知られる。昨年は、ジェイソン・モモアが主演を務めるNetflixのアクションアドベンチャー・ドラマシリーズ『フロンティア』に出演した。(海外ドラマNAVI)