牛丼というと健康的なイメージが少ないかもしれません。ならば健康的な牛丼を、ということで、あの吉野家が機能性表示食品「サラシア入り牛丼の具」を販売しているのをご存知ですか。配合されているサラシアは、食後の血糖値上昇を抑制する効果があり、血糖値が気になる方におすすめです。

糖尿病効果の高いサラシア

肥満の元だと分かっていても、脂っこいものもたまには食べたい。野菜だけじゃ力が出ないし…たまには肉を食べてスタミナアップも必要ですよね。牛丼で有名な吉野家が販売する機能性表示食品「サラシア入り牛丼の具」は、サラシア効果で、血糖値が気になる方にもおすすめできる牛丼です。サラシアはインドやスリランカに多く自生するツル性の低木です。

古来より健康への有効性が知られ、特にサラシアは糖尿病に効くとされ珍重されてきました。人間の体内では「α-グルコシターゼ」という消化酵素が存在し、糖類を吸収しやすくさせるため、糖分を分解します。サラシアはこの酵素の働きを弱めて、糖分の吸収を遅らせる作用があるのです。昔スリランカの王族は、サラシアの根や茎の中ををくりぬいてコップを作り、そこにお湯を入れることでサラシアの成分を溶出させて、効能を得ていたともいわれています。

吉野家の人気レトルトが機能性表示食品に

今までも人気の商品として売られてきた吉野家のレトルト牛丼がパワーアップ、サラシア由来の成分サラシノールが配合されて、機能性表示食品となりました。吉野家の研究報告によれば、日本人健常者(未成年、妊産婦、授乳婦を除く)を対象とした実験では、糖質とともに0.2mgのサラシノールを摂取することで、食後の血糖値上昇が緩やかになることが認められたそうです。「サラシア入り牛丼の具」はサラシノールの効果が十分に期待できる、一袋あたり0.3mgのサラシノールが配合されています。

血糖値が気になる方に「サラシア入り牛丼の具」

サラシアを摂取することでの安全面に関してはどうなのでしょうか。健康効果の高いサラシア配合のサプリメント等が、長年の間、様々なメーカーにより多く売られてきましたが、健康被害などの報告はなかったそうです。しかも「サラシア入り牛丼の具」は一般のサプリメントよりも少ない配合量であり、吉野家は安全面において問題ないとしています。しかし注意点として、糖尿病治療を受けている方はすでに血糖値を下げる薬を服用している場合があるので、事前に医師に相談した上で召し上がるようにしてください。たまに食べたくなってしまう牛丼ですが、血糖値が気になる方でも「 サラシア入り牛丼の具 」なら安心して食べられそうです。健康のためにぜひ野菜もプラスして食べるようにしましょう。


writer:Akina/span>