5年なんてあっという間。

人類は日進月歩で進化を続けていますが、IT技術の革新により、そのスピードは日ごとに加速しているようにも思えます。

2017年1月、IBMは「今後5年間で人々の生活を変える5つのイノベーション」を示したレポート「IBM 5 in 5」を発表しました。IBMは同社のWebメディアMugendai(無限大)で「IT技術の力で、これまで見えなかった(把握できなかった)事象を可視化する」テーマといえると伝えています。

その5つのイノベーションがこちら。

・AIにより、言葉がメンタルヘルスを知るきっかけとなる
・ハイパー・イメージングとAI が私たちにスーパー・ヒーローのビジョンをもたらす
・マクロスコープが限りなく細部にわたり、地球の複雑さを理解することを支援する
・チップ上のメディカル・ラボが私たちの健康探偵としてナノスケール・レベルでの病気の探知を行う
・スマート・センサーが光速レベルで環境汚染を探知

たしかに未来っぽい言葉が並びますが、これだけではちょっとピンと来ない感じもします。IBMのニュースルームを参考に噛み砕いて言うと……。

・AIにより、言葉がメンタルヘルスを知るきっかけとなる
これは、話したり書いた言葉が健康の指標となる仕組みのこと。僕らの言葉をコグニティブ・システムが解析し、初期段階の発達障害、精神疾患などの兆候がわかるんだそうです。そのうち「今日体調悪いんだけど、どこかおかしい?」なんてコンピュータに聞く日が来るのかもしれません。

・ハイパー・イメージングとAIが私たちにスーパー・ヒーローのビジョンをもたらす
現代ではさまざまな電磁波を使って目には見えないものの感知に役立てています。例えば空港での荷物確認や虫歯の発見などですね。これらの技術が進化してAIと組み合わさることにより、これまで人間の目には見えなかったものが感知可能に。まるで何でも見通すスーパーヒーローみたい!ということのようです。これを実現できるデバイスは持ち運びでき、手頃な価格になるともされているので、誰もがスーパーマン気分を味わえるようになるのかもしれませんよ?

「マクロスコープが限りなく細部にわたり、地球の複雑さを理解することを支援する」「スマート・センサーが光速レベルで環境汚染を探知」の2つは、IoT技術によって集められた膨大なデータで、地球上のさまざまなことがわかるようになること、「チップ上のメディカル・ラボが私たちの健康探偵としてナノスケール・レベルでの病気の探知を行う」とは、超極小のマイクロチップが体液を解析し、健康を管理する未来のことを指すようです。

こう並べてみると、「これまで感知できていなかったものが感知できるようになる」という部分が共通していますよね。感知したデータを活用するAIといった文脈で考えると5年先はさらにIoT(Internet Of Things)が世界を変えていくことになりそうです。今はまだSFの世界のように聞こえますが、AIやIoT技術の進化の速さを考えると、こんな世界が本当に訪れるのかもしれません。未来が楽しくなりそうですよ。


image: whiteMocca / Shutterstock
source: Mugendai(無限大), IBM ニュースルーム

(渡邊徹則)