もし、あなたの彼が「君となら、どんなところに行っても楽しいよ!」と言ってくれる優男だとしても、もしかしたら無理をしている可能性だってあるんですよ。なぜかって? 理由はとても簡単です。あなたを悲しませたくないし、なにより喜んだ顔を見たいから――。
でもそんな優男彼氏も、内心「じつは行きたくない!」と思っているデートスポットがあるようなのです。文句ひとつ言わずに、いつもあなたに付き合ってくれている彼に感謝するためにも、彼が“内心行きたくない”と思っているデートスポットを把握しておきませんか?

(1) オシャレなカフェ

「はっきり言って、オシャレなカフェデートは疲れる。男女の比率的にも気をつかうし、食べたいものもあんまりないし、なにより落ち着かない」(製造/29歳/男性)

▽ ステキな彼とオシャレなカフェでデートをするのは女子の憧れ! しかし、美意識が高い女性たちが集うオシャレなカフェに、男性の居場所は皆無ということなんですよね〜。これを聞いてしまったら、さすがにオシャレなカフェをデートのメインイベントにするのはかわいそう……。
回数を減らす、デートの休憩時に短時間利用をする、彼がソワソワしているようなら店を出るなど、彼への配慮を忘れないようにしましょう。

(2) アウトレットモール

「買うものを買ったらすぐに帰るというのならいいんだけど、とくに目的もないのに丸一日ショッピングデートに付き合わされるのはイヤかな〜。結局、自分が見たいものやショップは見れないことが多いし」(教育/30歳/男性)

▽ アウトレットモールにはメンズブランドのショップもあるため、比較的気軽に誘ってしまう女性も多いと思うのですが、どうしてもまわるショップがレディースショップよりになってしまうことがほとんどなのではありませんか?
今後ショッピングデートに誘うときには、メンズショップに立ちよる回数を増やすなど、彼を退屈させない工夫を取り入れる必要がありそうですね!

(3) 長蛇の列の人気店

「パンケーキ、かき氷、ポップコーン……なぜ興味のないもののために3時間も並ばされなければならないのかがわからない。時間のムダだと思ってしまう」(販売/27歳/男性)

▽ う〜ん、おっしゃるとおり。私たち女性だって、まったく興味のないもののために時間とお金を使うのは「これ、ムダだな〜」と思ってしまいますものね。いつもこんなふうに彼に付き合ってもらっているのなら、たまには彼の興味のあることに付き合ってあげましょうね。それが、たとえあなたにとって興味がないことだとしても……ですよ!

デートはどちらか一方が我慢をするものではありません。お互いに譲り合って、ふたりが楽しめる内容にしたいものですね。