アウェーでの前節・UAE戦では、自身の代表初ゴールがチームに勢いをもたらす先制点に。ホームで迎えるタイとの一戦でも決定的な仕事で勝利に貢献できるか。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 日本代表は3月27日、翌日のタイ戦に向けて埼玉県内で最終調整を行なった。
 
 前節のUAE戦で代表初ゴールを決めている久保裕也は、「役割は変わらない。攻撃の部分でチャンスを作って、得点に絡むのが仕事」と、フィニッシュワークで持ち味を出そうと準備する。
 
 グループ最下位に沈むタイはおそらく、引いて守りを固めてくることが予想される。久保は「サイドが起点になると思う。そこで枚数をかけて崩せたら、チャンスを作れるはず」とイメージする。
 
 チャンスメイクはもちろん、やはり期待したいのはゴールだ。今回の3月シリーズに入る直前、久保は所属クラブのヘントでリーグ3戦連続弾を記録。ワンタッチでふたりのDFを置き去りにしてからのシュート、狙いすましたミドル、ドリブル突破と、バリエーション豊富にネットを揺らしている。
 
 日本が攻めあぐねるようなシチュエーションになっても、久保の“閃き”がゴールをこじ開ける――。
 
「いろんなイメージがありますけど、状況によって変わると思う。とにかく、いろんなことを試しながら、やれたらいい」
 
 左右両足で正確無比なシュートを打てる。狭いエリアでもコンパクトな一振りで射抜く。バイタルエリアでこそ怖さを与えられるだけに、サイドからの仕掛けだけでなく、中に入ってからの決定的な仕事にも期待したい。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本がUAEを撃破! 抜擢起用の川島、今野、久保が活躍とハリル采配が的中!