27日、韓国の旅客船セウォル号の船体引き揚げ作業中に流出した油が近隣のワカメ養殖場などに被害を及ぼしたことを受け、韓国海洋水産部と引き揚げ作業を担当した中国企業・上海サルベージが補償の意向を固めた。写真はセウォル号の惨事を伝える韓国の報道。

写真拡大

2017年3月27日、韓国の旅客船セウォル号の船体引き揚げ作業中に流出した油が近隣のワカメ養殖場などに被害を及ぼしたことを受け、韓国海洋水産部と引き揚げ作業を担当した中国企業・上海サルベージが補償の意向を固めた。韓国・ニュース1などが伝えた。

被害が最初に確認されたのは、セウォル号の引き揚げ作業が本格化して間もない24日午前。引き揚げ現場から1キロほど離れたワカメ養殖場で、セウォル号から流れ出たとみられる黒色の油が帯状に広がっているのが見つかった。3年前の沈没事故の際にも流出油の被害を受けた東巨次(トンゴチャ)島など付近の住民らは、漁船を使ってオイルフェンスを設置するなど対策を取ったがあまり効果はなかったという。

27日、全羅南道(チョルラナムド)珍島(チンド)郡などによると、潮の流れに乗った油の帯は引き揚げ地点から10キロほど離れた島にも到達している。直接・間接的な被害はワカメや昆布、ひじきなどの養殖場72カ所、525ヘクタールに及び、郡は被害額について「100億ウォン(約10億円)をはるかに超える可能性がある」としている。

実はセウォル号からの油漏れは引き揚げ前から予想されていたといい、海洋水産部と上海サルベージの契約書には「残存油の回収」に関する内容も含まれていた。しかし契約上、回収すべきは「合理的に接近可能な残存油」に限られ、そもそも水中ですべての残存油を回収するのは不可能とみた上での引き揚げだった。

報道を受け、韓国のネットユーザーからは「油が漏れるのに防御フェンスもしなかったの?」「無能ぶりに終わりがないな」「なぜこんなことに?3年もあったのに、体系的・計画的・専門的に準備していたわけじゃなかったのか」「10キロも広がるまで海洋水産部は何をしてたんだ?」と、適切な準備や対応を取らない政府などに批判の声が多数寄せられている。

また、「韓国はまったく災難続きだな」「沈んだ船を引き揚げるのに金を使い、漁師の被害補償にまた金を使い…残念だよ」と嘆く声のほか、「何でも中国人に任せるとうまくいかないね」「中国人は自分たちの海じゃないからって適当にやったんだろう」「メード・イン・チャイナはまだまだだ」と、引き揚げを請け負った中国企業に矛先を向けるコメントもあった。(翻訳・編集/吉金)