「BMW 218dアクティブ ツアラーSelection(ニーイチハチディー・アクティブ・ツアラー・セレクション)」(ビー・エム・ダブリューの発表資料より)

写真拡大

 ビー・エム・ダブリュー(BMW)は27日、「2シリーズ アクティブ ツアラー」の特別限定車「BMW 218dアクティブ ツアラーSelection(ニーイチハチディー・アクティブ・ツアラー・セレクション)」を、全国合計180台限定で販売を開始したと発表した。

【こちらも】BMW、「i8」の限定モデル「プロトニック ダーク シルバー」、4台限定

 「BMW 2 シリーズ アクティブ ツアラー」は、BMWならではのダイナミックなスタイリングとスポーティな運動性能に、MPVモデルのような広々とした室内空間と高い機能性・快適性を融合したBMW初の車両コンセプト「スポーツ・アクティビティ・ツアラー(SAT)」だ。2014年12月に発売された日本仕様車は、市場特性を十分に考慮し、一般的な機械式駐車場にも収まる全幅1,800mm、全高1,550mmの取り回しの良いコンパクトなボディ・サイズとしながらも、ひとクラス上の居住性を実現している。

 今回発売する限定車「BMW 218dアクティブ ツアラーSelection」は、BMW 2シリーズ アクティブ ツアラーのラインアップから、新世代クリーン・ディーゼル・エンジン搭載の「BMW 218dアクティブ ツアラー」をベースに、安全性や機能性、快適性をさらに向上させる様々な装備を特別装備したモデル。

 エクステリアは、人気が高いフラメンコ・レッドに加え、限定モデル専用カラーのアトランティック・グレーの2色のボディ・カラーを設定。専用装備として17インチ・マルチ・スポーク・スタイリング 481 アロイ・ホイールを奢り、よりエレガントかつ洗練されたスタイリングを強調している。インテリアは、専用カラーの明るいオイスターのダコタ・レザー・シートと、上質なファインライン・ショアー・ウッド・トリムの専用装備を組み合わせ、明るくモダンな室内空間を演出した。

 機能面では、狭いスペースの駐車や車庫入れをサポートするリヤ・ビュー・カメラを含む「パーキング・サポート・パッケージ」、先行車との車間距離を維持しながら自動で加減速を行い、運転をサポートする「アクティブ・クルーズ・コントロール(ACC)」や、セグメントで唯一採用するBMW ヘッドアップ・ディスプレイを含む「アドバンスド・セーフティ・パッケージ」、荷物で両手がふさがった状態でも足元の操作でテール・ゲートの自動開閉が可能な「オートマチック・テール・ゲート・オペレーション」など数々の機能を特別装備する。

 メーカー希望小売価格は488万円(税込)。