1969年に日産自動車(以下日産)が3代目スカイラインをベースにした4ドアセダン「日産スカイライン(PGC10)2000GT-R」を発売しました。

美しいエクステリア・デザインに加え、角ばった「ハコ」のような外観から「ハコスカGT-R」として、特にクルマ好きの間では現在も変わらぬ人気を維持しています。

1

翌年(1970年)にはスカイラインのマイナーチェンジに合わせて、2ドアHT(ハードトップ)が追加され、「日産スカイラインHT(KPGC10)2000GT-R」が誕生。

セダンではコーナーを苦手としていましたが、HTでは全長を65mm、W/Bを70mm短縮したことで、車両運動性能が飛躍的に向上しました。その証拠にレースでは向かうところ敵無しとなり、50連勝という金字塔を打ち立てるなど、戦闘力が増しています。

当時のレーシングマシン「日産R380」に搭載されたエンジンをベースにした最高出力160ps/7,000rpm、最大トルク18.0kgm/5,600rpmを発生する2.0L直6「S20型」エンジンを搭載。

HTモデルの車両サイズは、全長:4,330mm、全幅:1,665mm、全高:1,385mm、W/B:2,570mmで、車両重量は1,100kg。最高速度は200km/h、0-400m加速が15.6秒となっています。

発売時の車両価格は154万円。当時の大卒初任給と比較すると、ほぼ現行モデル並みの価格帯であったことが窺えます。

そんな「ハコスカGT-R」ですが、当時の生産台数(セダン:832台、HT:1,197台)と人気を考えると、40年以上経過した今では本物を入手する事はもちろん、見ることさえも困難な状況であることは言うまでもありません。

そうしたなか、「AUTOart」(オートアート)が超リアルなダイキャスト製1/18スケールモデルの「ハコスカGT-R」を発売しました。

2011年に同社が発売したノーマル仕様モデルに対し、今回のモデルはローダウン仕様になっており、フロントにもオーバーフェンダーを装着するなど、よりレアな仕様になっています。また、チンスポイラーや15インチのワタナベ 8スポークワイドホイール、専用ラジアルタイヤ、大型マフラーなどを装着。

実車同様、前ヒンジのフードパネルを開けると、リアルなS20型エンジンが収まっており、赤いプラグコードや、3連装のソレックスキャブレターに装着されたエアファンネルが目を惹くとともに、今にも勇ましいエンジンサウンドが聞こえてきそうなほど、リアルな仕上がりとなっています。

ちなみにノーマル仕様については「京商」が1/18スケールで発売しています。

GT-Rに興味のある読者なら、思わず手に入れたくなるのではないでしょうか。往年の「ハコスカGT-R」を「2台も持ち」、なんていうのもアリかもしれません。

(TEXT/PHOTO:Avanti Yasunori)

【関連記事】

「トヨタ2000GT」を新車で手に入れる方法とは?
http://clicccar.com/2016/05/12/371549/

「トヨタ2000GT」が3.0Lエンジンを積んで現代に蘇った!
http://clicccar.com/2016/05/09/370651/

燃費リッター41.1km! トヨタ2000GTがアクアの技術で現代的に蘇った!
http://clicccar.com/2015/08/27/323726/

櫻井真一郎氏がハコスカ開発直後に寄せた寄稿文があった!
http://clicccar.com/2014/04/26/253661/

数々の伝説、歴代「スカイラインGT-R」は男の美学!
http://clicccar.com/2014/02/25/247715/

【関連リンク】

AUTOart
http://jp.aa-collection.com/jp/

KYOSHO
http://dc.kyosho.com/ja/

RockyAuto
https://rockyauto.co.jp/

絶版車「ハコスカGT-R」が超リアルなスケールカーで登場!(http://clicccar.com/2017/03/27/457602/)